on-the-time.jp

2015年09月09日

バンコク神社攻撃容疑者『機器を爆破犯人に与えた』と自供。

犯罪と裁判宗教戦争と平和

BBVC Newsは、タイの警察はバンコク神社爆撃においてキー容疑者が、機器を含んでいるバッグを、攻撃を実行した人に与えると白状したと報告した。

疑わしい返還を再制定するために容疑者ユスフ・ミエライリ(Yusufu Mieraili)がバンコクの列車駅に連れて行かれた時に、全国警察スポークスマンのプラブット・タボルンシリ(National police spokesman Prawut Thavornsiri)の発表が来た。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

エラワン神社(Erawan Shrine)の2015年08月17日の爆発は20人の人々を殺した。

2人の外国の人が留置されているけれども、爆撃機自身は見つけられなかった。

爆発のまもなく、黄色いTシャツを着ている人がバックパックをポピュラーな神社に置き、去るのが見られた。

プラブット・タボルンシリはバンコクのフア・ランポン駅(Hua Lamphong station in Bangkok)で「これは、バックパックを交換するために彼が黄色いシャツの人と会ったエリアである。」と、レポーターに話した。

「ユスフはバックパックを言い、重く、それは爆弾であり、彼は運んだ。」と、彼は言った。

容疑者は、申し立てによると、警察に、彼が、警察が爆弾製造素材をより早い急襲に発見したバンコクの郊外のアパートから駅に運んだと言った。

彼が、カンボジア国境を渡ることを試みたので、逮捕されなかったミエライリは、今月初めに止められた。

警察は彼の国籍を確認しなかったけれども、彼が中国のパスポートであったと伝えていたと言う。

AP通信社によると、容疑者はまた、警察による再現の一部としてエラワン神社に連れて行かれた。

火曜日に、彼は、警察が、それらがパスポートだけでなく爆弾製造素材を見つけると言ったバンコクの他の部分のアパートを訪問するために連行された。

タイの警察は、裁判の前に、容疑者による暗示有罪として批判された習慣によって再現を規則的に実施する。

保護の他の人はローカルなメディアにアダム・カラダグ(Adem Karadag)に指名された。

ローカルなメディアは、警察関係筋は、彼らが、攻撃の1日前にタイを去ったと考えられる攻撃の疑わしい指導者を探し回っていると言うことを引用した。

警察は、27歳ノアブドレヘマン・アブドゥサタエル(Abudureheman Abudusataer)または、「イザン(Izan)」「イシャン(Ishan)」として知られていたとして名付けられた人の写真もリリースした。

さらに驚いたのは、犯人の乗っていたのがトゥクトゥクであった。

2015-09-01---バンコク爆発事件で、主犯格の外国人男を逮捕した。
2015-08-28---タイ警察は、バンコク爆発でウイグル人3人から事情聴取。
2015-08-19---バンコク爆発、容疑者の似顔絵を公開。
2015-08-18---「タイ史上最悪の爆弾攻撃」容疑者を防犯カメラが捉らえた!
2015-08-17---観光地バンコクの爆弾テロ日本人駐在員1人重体 死者20人で、世界中が騒然。
2015-07-08---デモ隊がイスタンブールのタイ領事館襲撃!
2015-07-06---中国の観光客は、トルコのウイグル抗議で警告した。
2014-03-15---タイは、ウィグル人を追放しないという要求に直面。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。