gaYa広告

2015年07月18日

科学者は気味悪い、牙のある魚をシドニーの沿岸約120マイルで発見。

自然

ビジネス・インサイダー(Business Insider)は、こんな気味悪い魚をオーストラリアの沿岸で見つけたと報告した。

ロブスター幼虫のための海洋フロアを探検する間、シドニーの沿岸からおよそ120マイル離れる深い海について、免れていて操縦することを思い出させ、オーストラリアの海洋探検船は4つの古代の火山を見つけた。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

それより冷たい海域で船は、半透明の牙と小さな気味の悪い魚に出くわした。それは指先より小さいくらいであった。

そして、それをオーストラリア政府が運営している科学エージェンシーにより管理されたブログに貼ると鱗がないと言うことで、魚の完全に新しい種であるより多くの楽しみが、ありそうでなかった。そんなに珍しくなかった。

生物学者トレーシー・サットン(Biologist Tracey Sutton)は出っ歯竜魚(snaggletooth dragonfish)としてに小さい魚を識別した。それはAstronesthes種類の多くの魚のうちの1匹である。
ボストン大学の生物学者クリス・ケナリー(Chris Kenaley, a biologist at Boston College)は、種類がAstronesthesであると確認した。

「私は科学のためにそれが新しいと疑っているけれども、むしろ、それは、たぶん、エリアと識別された種類のおよそ10種のうちの1つである。」
「成魚でそれらのいくらかがそのサイズである。」
と、クリス・ケナリーは、電子メールでビジネス・インサイダーに言った。

しかし、もしそれが新しい種であったなら、確認するために、顕微鏡の下でより慎重が見ることを必要とするとサットンとケナリーは言った。

メキシコ湾で、サットンと一緒に働く別の生物学者ジョン・ムーア(Jon Moore)は、より多くの可能性が明確にある竜魚と同じファミリー内に287種があると付け加えた。

竜魚は、ほとんどの人々が決して出会わない理由は、海洋でより深くで生きている傾向があるためであると言っている。

生物学者は、そんな魚をよく知っているな〜

そう言えば、大きな竜魚は話題になるが、小さなのは無視されることも多いようだ。

興味深いのは、こんなところでうなぎの稚魚が見つかっている。

日本ではうなぎが絶滅危機種になったので、世界中に多く生息しているナマズの蒲焼きを勧め始めている。

多分、うなぎの蒲焼きとナマズの蒲焼きを目隠しして食べたら味分けられる人は少ないだろう。

うなぎを食べて、その違いが分かる人が何人いるか?

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。