gaYa広告

2015年07月18日

イランのハメネイは、核取引の後も米国への反対は持続。

宗教戦争と平和

Al Jazeeraは、歴的な協定にもかかわらず、イランの最高のリーダーは「横柄な米国」に方針を言う 画期的な協定の数日後に変わらないと報告した。

イランの最高位リーダーアヤトウラ・アリ・ハメネイ(Iran's Supreme Leader Ayatollah Ali Khamenei)は、彼の国の論争核プログラムで世界能力との取引で、この週の早い時期に黙認するにもかかわらず、中東での米国政府の方針で、彼の国の鋭い反対が変わらないと誓約した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ハメネイは、ラマダンのイスラム教神聖月の終わりを示すアドレスにおいて、土曜日に、彼が、イランの役員に、国益が守られたことを保証し、その政治的な原則または軍隊の方針の分裂を防止する火曜日の画期的な協定を熟読してほしいと言った。

「私達は、決して、領域の私達の友人、およびパレスチナ、イエメン、シリア、イラク、バーレーン、およびレバノンの人々をサポートするのをやめない。この取引の後にさえ、横柄な米国への私達の方針は変わらない。」と、彼は言った。

取引の下で、制裁は、西欧が疑っていた核プログラムのイラン受諾長期の縁石のかわりに徐々に取り除かれる核爆弾を作成することをめざした。

イランは、核爆弾を捜すことを否定した。

「アメリカ人は、イランが核の武器を取得することを防いだと言う」と、ハメネイはテヘランのモサラ・モスク(Tehran's Mosala mosque)で言った。「彼らはそれが真実ではないと知っている。私達は、核武器を、イスラム法の下で宗教的に禁じられると宣言して法的決定[修道士]に[支配さ]せておいた。それは核の話と関係がなかった。」

取引niサインされた後に、公的なお祝いはテヘランの通りに保持された。

しかし、金曜日に、テヘラン大学(Tehran University)キャンパスのお祈りする人の邪魔、anti-USスローガンを唱和している強硬論者によりされた。

ハメネイは、デモンストレーションの時に「アメリカへの死(Death to America)」、および「イスラエルへの死(Death to Israel)」のスローガンが唱和すると言い、世論で反射性で、核の協定を「例外(exception)」と評した。

「私達は、繰り返し、私達が地域または国際的な仕事について米国と交渉しないと言った。両側の問題のさえ否定した。私達の興味を提供するために私達がアメリカ人と協議した核のプログラムのようないくつかの例外がある。領域の米国方針はイランの方針によって完全に反対される。」

テヘラン大学の政治学教授Sadegh Zibakalamは、メッセージが、ハメネイの強硬派に譲歩することに向けられるようであると言った。

「アヤトウラのサポートのバックボーンは強硬論者から来て、ウィーンの歴史的な協定は1つのすさまじい失敗にあたり、それらのための1つの感覚であった」と、彼はアルジャジーラに言った。

「従って、ある点で、アヤトウラは、それらを幸福にしておき、それらの士気を高くしておこうとしていた。」

挑戦的なスピーチにおいて、ハメネイは、イランを徐々に蝕むことに努めることで米国を告発した。

「もしイランが戦争を歓迎しないだけではなく、米国が辱められるならば、それがある。」と、彼は言った。

テヘランのモサラ・モスク(Tehran's Mosala mosque)のGoogle Earthポインター情報
35°44'06.1"N 51°25'37.3"E
または、
35.735033, 51.427022

2015-07-14---イランと欧米など6か国は、核協議で最終合意した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。