on-the-time.jp

2015年07月18日

エリザベス女王が、ナチの敬礼をしていた映像を公開!

人物戦争と平和

BBC Nesは、バッキンガム宮殿は、女王がナチスの敬礼を実行するのを見ることができる1933年の映像がリリースされたことはだめであると伝えていたと報告した。

イギリスの新聞「The Sun」が、年老いた女王が約7歳であったころ、妹と一緒にを示す映像を出版した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

宮殿は、それが、「そのフィルムは、80年前のショットで、廃棄することによって、それが得られて、利用された。」と伝えていた。

新聞は、その映像を得たけれども、それがどのように、またどのように「重要で、興味深い物語」であると伝えていたかを言うのを断った。

そのビデオは、約17秒続き、女王がバルモラルの庭の芝生の犬によって遊ぶのを見せるモノクロ映像であると、「The Sun」が言った。

皇太后はその時ナチスの敬礼のスタイルで、彼女の腕を上げて、彼女の母に一見した後に、女王は身振りをまねする。

また、将来ののエドワードVIIIであるプリンスエドワード(Prince Edward, the future Edward VIII,)が彼の腕を持ち上げるのが見られる。

映像は、1933年または1934年に撮影されたと考えられる。

その時ヒトラーはドイツの総統として卓越性に立ち上がったけれども、それが撮影された状況は不明瞭である。

宮殿ソースは言った:「ほとんどの人々はそれらの適切な文脈と時間に、これらの写真を見る。これが、遊んでいるファミリーであることで、瞬間的に身振りを参照することによって、多くは同時代のニュースリールから見たであろう。」
「その時の誰も、どのようにそれが発展させるか。どのような感覚を持っていなかった。他に何でも暗示していることが誤り導き、不正直である。」

ソースは、「戦争と63年間のこの国家の福祉への女王および彼女の家族のサービスと献身、女王は、国家の間の築いている関係を使い、民族は自身のために代弁する。」と追加した。

BBC王室特派員サラ・キャンベル(BBC Royal correspondent Sarah Campbell)は、バッキンガム宮殿が映像が本物であることを否定していないと言ったけれども、 それ 「どのようにこのビデオがリリースされたか上で、問題があった。」

以前のバッキンガム宮殿報道官ディッキー・アービター(Dickie Arbiter, a former Buckingham Palace press secretary)は、宮殿が調査していると言った。

「実のところ、それが、王室アーカイブにウィンザーに保持された何かであったか、またはそれが、ウィンザー公爵の地所により保持されていたかどうかにかかわらず彼らは考えているであろう」と、彼は言った。

「および、82年後でそれが、ウィンザー公爵の地所であり、そして、誰かがそれを地所からはっきりと取り去り、ここに、それがある 。」
「しかし、たくさんの疑問がされるようになったこと、およびたくさんの質問に答えられるように得られる。」

「The Sun」の編集長スティグ・アベル(Sun managing editor Stig Abell)は、「歴史の意義」を与えた。彼がバッキンガム宮殿の告発を受け入れないと言った。

彼は、それにプリンス・エドワード(Prince Edward)の関与は、大きい公的な重要性をもっていたので、新聞社が、物語を出版すると決めたと言った。

その時のプリンス・オブ・ウェールズ(Prince of Wales)は、1937年10月にミュンヘンで、ヒトラーと会っている写真が撮られ、ナチスの同情者であることで多い告発に直面した。

スティグ・アベルは、「私達は、それらのために少しの不適切さも提案するために、それを使用していない。しかし、それは、重要で、興味深い問題で、イギリスの貴族階級の範囲である。特に、このケースのエドワードVIIIは、1930年代に、ファシズムに同情的であった。

「それは、議論する全国と公共の利益の問題であるにちがいない。そして、私は、このビデオおよびこの映像が、それを非常にはっきりとアニメーション化すると思う。」と言っている。

スティグ・アベルは、BBCに、ビデオが「社会的な歴史」の断片で、新聞が文脈を発表したと言った時間および女王と皇太后が世界第2次大戦の「ヒーロー」になり続けたことが説明される間にあったと言った。

彼は、ビデオが王室のプライバシーに侵入したことを否定した。

「私は、これが社会的な歴史の断片であると思う。私達の国の歴史、第2次世界大戦、ナチズムの上昇、人の歴史の最も有害なムーブメントのうちの1つ、および私の最も重要なイベントのうちの1つは、それ背景のうちのいくらかをちょっと見ることの権利を与えられると思う。」と言った。

彼は、「私達は非常にクリアである。私達はもちろん、女王または女王沈黙のために不適切な何も提案していない。」と追加した。

世界第2次大戦が取り外し、女性の女子国防軍で後で彼女が勤務した時に、女王は13歳であった。

彼女は、6月に、ドイツへの国の訪問をし、ベルゲン-ベルゼン強制収容所(Bergen-Belsen concentration camp)を訪問し、生存者と解放者のうちの何人かと会った。

イギリスのネービル・チェンバレン(Neville Chamberlain)首相は、アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)とミュンヘン協定(Munich agreement)を締結し、「生涯平和宣言(peace in our time)」を発表した。

しかし、イギリス人の王室は1917年06月19日に、第1次世界大戦により、ドイツの名前「Berkshire」とタイトルを放棄し、ウインザー(Windsor/Winch-furnished-Riverbank)という名前を採用した。

また、ジョージ5世王(King George V/1843 - 1927)はロイヤル家族からドイツの称号を剥奪し、そして、エドワード7世王(Edward VII/1841 -1910)から続いたイギリス王家の名前「サックス・コーダーグ・ゴーダ(Saxe-Coburg-Gotha/1826 - 1917)」は「ウインザー(Windsor)」になった

キング・エドワードVIII(King Edward VIII)は心の命じるままに従うと決め、米国のウォレス・シンプソン夫人との結婚を望み、内閣が反対したため、退位の書類にサインして、イギリス国王になって10ヶ月で自発的に王座を法的に辞退し、自発的に王座を放棄する初代イギリス君主になってウィンザー公になった。

しかし、その前に、ビクトリア女王の二男で、第2皇太子エジンバラ公(Duke of Edinburgh)アルフレッド・アーネスト・アルバート(Alfred Ernest Albert Witten, Duke of Edinburgh and Duke of Saxe-Coburg-Gotha/1844 - 1900)が明治以降、初の海外からの皇族として来日した。

それ以前だと、イギリスはフランス領であったし、なんどもバイキングに襲われて植民地化されていた。

だから、このような映像を見て驚くのは歴史を知らないからで、時間軸を知っていれば、あのときはそうだったと言うだけである。

そして、戦争に翻弄された人生で、戦争を嫌っていると言えば、終わりである。

1938-09-30---イギリス首相チェンバレンが「生涯平和宣言」をした。
1938-09-15---ネービル・チェンバレンは、ドイツへ飛立った。
1936-12-10---キング・エドワードVIIIが退位の書類にサインして、ウィンザー公になった。
1917-06-26---イギリスのロイヤル家族からドイツの称号を剥奪した。
1917-06-19---ドイツの名前「Berkshire」を放棄し、ウインザーにした。
1869-07-22---ビクトリア女王の第2皇太子エジンバラ公が来日した。
1066-09-25---スタンフォード橋の戦いが起こった。
0577-00-00---西サクソン族が、ディルハムの戦いでブリトン族を撃破した。
0500-00-00---ダードン山の戦い(battles Mount Badon)で、アーサー王(King Arthur)が勝利し、サクソン(Saxons)族が決定的な敗北をした。
0449-00-00---現在のイギリス人の祖先が、フィヨルドとシェライから来た。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。