2015年07月18日

Wikipediaの印刷英語版、7600冊。

AFPは、百科事典がクリックするものではなく、手に取るものだった時代が恋しい人ようとして、アーティストのマイケル・マンディバーグ(Michael Mandiberg)が、オンライン百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」の英語版を7600冊の印刷版で利用可能にしたと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

以前から、この計画はなんども浮上したが、多くの人が参加しているので、著作権はどうなるのかと言うこと空中分解してきた。

もし、これを販売すると言うことになると、著作権料は、どう支払うかで大きな問題になることだろう。

それと、印刷版にすると、間違いが多く発見され、修正できない。

また、私が知っているいくつかの項目で、データが古すぎる項目も多い。

以前大きな問題になったとき、多くのボランティアが逃げ出した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告