gaYa広告

2015年07月18日

Wikipediaの印刷英語版、7600冊。

AFPは、百科事典がクリックするものではなく、手に取るものだった時代が恋しい人ようとして、アーティストのマイケル・マンディバーグ(Michael Mandiberg)が、オンライン百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」の英語版を7600冊の印刷版で利用可能にしたと報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

以前から、この計画はなんども浮上したが、多くの人が参加しているので、著作権はどうなるのかと言うこと空中分解してきた。

もし、これを販売すると言うことになると、著作権料は、どう支払うかで大きな問題になることだろう。

それと、印刷版にすると、間違いが多く発見され、修正できない。

また、私が知っているいくつかの項目で、データが古すぎる項目も多い。

以前大きな問題になったとき、多くのボランティアが逃げ出した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具ので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。