2015年07月18日

スペインで€10億以上で作られた空港が、€10,000で売られた。

経済

BBC Newsは、スペインのシウダード・レアル空港(Ciudad Real airport)は、オークションで建設費の約100,000万分の1に相当する€10,000で、国際的な投資者のグループに売られたと報告した。

これは、スペインの中心で捨てられた空港の破産オークションで、今回の落札者は唯一の入札者で、スペイン・ブームのに完成されたマドリッドの南にあった。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

しかし、オークションプロセスの外で別の買手がまだ進み出ることができ、販売が進められるかどうかはクリアではない。

勝利入札は、中国に導かれたコンソーシアムの投資者で作られた。

グループTzaneen Internationalは、それが中国の会社のために、ヨーロッパに空港をエントリポイントにしたいと伝えている。

スペインを赤に引きずった白いゾウ(The white elephants that dragged Spain into the red)と呼ばれ、
最小の価格
マドリッドから南に235km(146マイル)のシウダード・レアル空港は、マドリッドのバラハス空港(Madrid's Barajas airport)への代案として意図された。

それは€10億より多くかかり、築かれた。
それは2008年にオープンしたけれども、2012年に破産し、閉まった。

2008年と言えば、バブル崩壊の年であり、2012年にはスペインのメガ・カジノ計画「EuroVegas Project」あったが、結局消えた。

まだ、別の買手が、9月の終わりの前に通り抜けるためにレシーバーにより販売に課された€2800万の最小の価格と会うことができた可能性がある。

中心的なスペイン空港は1年あたり250万人の乗客の能力を持っている。

それは、十分な乗客を引き付けなかったスペインの築いているブームの間に建設された「ゴースト空港」の多くのうちの1つである。

同様な運命は東のカステリョン空港(Castellon airport)に降り懸かった。
それは2011年に開いたけれども、単一のフライトを受け取らなかった。

シウダード・レアル空港(Ciudad Real airport)のGoogle Earthポインター情報
38°51'50.0"N 3°59'35.2"W
または、
38.863886, -3.993119

2013-12-13---スペインの「Eurovegas」の巨大なカジノ計画キャンセル!
2012-03-21---スペインのメガ・カジノ計画「EuroVegas Project」

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト