on-the-time.jp

2015年07月18日

スペインで€10億以上で作られた空港が、€10,000で売られた。

経済

BBC Newsは、スペインのシウダード・レアル空港(Ciudad Real airport)は、オークションで建設費の約100,000万分の1に相当する€10,000で、国際的な投資者のグループに売られたと報告した。

これは、スペインの中心で捨てられた空港の破産オークションで、今回の落札者は唯一の入札者で、スペイン・ブームのに完成されたマドリッドの南にあった。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

しかし、オークションプロセスの外で別の買手がまだ進み出ることができ、販売が進められるかどうかはクリアではない。

勝利入札は、中国に導かれたコンソーシアムの投資者で作られた。

グループTzaneen Internationalは、それが中国の会社のために、ヨーロッパに空港をエントリポイントにしたいと伝えている。

スペインを赤に引きずった白いゾウ(The white elephants that dragged Spain into the red)と呼ばれ、
最小の価格
マドリッドから南に235km(146マイル)のシウダード・レアル空港は、マドリッドのバラハス空港(Madrid's Barajas airport)への代案として意図された。

それは€10億より多くかかり、築かれた。
それは2008年にオープンしたけれども、2012年に破産し、閉まった。

2008年と言えば、バブル崩壊の年であり、2012年にはスペインのメガ・カジノ計画「EuroVegas Project」あったが、結局消えた。

まだ、別の買手が、9月の終わりの前に通り抜けるためにレシーバーにより販売に課された€2800万の最小の価格と会うことができた可能性がある。

中心的なスペイン空港は1年あたり250万人の乗客の能力を持っている。

それは、十分な乗客を引き付けなかったスペインの築いているブームの間に建設された「ゴースト空港」の多くのうちの1つである。

同様な運命は東のカステリョン空港(Castellon airport)に降り懸かった。
それは2011年に開いたけれども、単一のフライトを受け取らなかった。

シウダード・レアル空港(Ciudad Real airport)のGoogle Earthポインター情報
38°51'50.0"N 3°59'35.2"W
または、
38.863886, -3.993119

2013-12-13---スペインの「Eurovegas」の巨大なカジノ計画キャンセル!
2012-03-21---スペインのメガ・カジノ計画「EuroVegas Project」

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト