6月23日

オリンピック・デー(Olympic Day)

スポーツ

チェコスロバキアでIOC委員であった教授ヨーセフ・グルス博士(Professor Dr. Josef Gruss/1884-1968, IOC member in Czechoslovakia)によって1947年にストックホルムで開催された第41回IOC総会(41st Session of the International Olympic Committee in Stockholm)に「オリンピック・デー(Olympic Day)」が提案され、1948年1月のサンモリッツの第42回IOC総会(42nd IOC Session in St Moritz)の際にいくつかの案が採択されたことにより、祝って、6月17日〜24日を選択するように要求した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

しかし、近代五輪の父と呼ばれるフランスのクーベルタン男爵(Pierre de Frédy, baron de Coubertin/1863 - 1937)が、オリンピック競技大会の復興を提唱し、1894年06月23日にパリのソルボンヌ(Sorbonne, Paris)でIOC(International Olympic Committee/国際オリンピック委員会)が誕生したので、毎年06月23日を「オリンピック/デー(Olympic Day)」が制定された。

最初のオリンピック・デーは、その時点のIOC会長ジーグフリード・エドストレム(Sigfrid Edström, IOC President/1870 - 1964)によって1948年6月23日に祝われた。
また、世界の若者にメッセージを伝えた。 ポルトガル、ギリシャ、オーストリア、カナダ、スイス、イギリス、ウルグアイ、ベネズエラ、ベルギーは、それぞれの国でオリンピック・デーを開催した。

オリンピック憲章の1978年版(the 1978 edition of the Olympic Charter)では、IOCと、すべてのNOCは、オリンピック・ムーブメントを促進するためにオリンピック・デーを組織し、初めて推奨した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。