gaYa広告

6月23日

オリンピック・デー(Olympic Day)

スポーツ

チェコスロバキアでIOC委員であった教授ヨーセフ・グルス博士(Professor Dr. Josef Gruss/1884-1968, IOC member in Czechoslovakia)によって1947年にストックホルムで開催された第41回IOC総会(41st Session of the International Olympic Committee in Stockholm)に「オリンピック・デー(Olympic Day)」が提案され、1948年1月のサンモリッツの第42回IOC総会(42nd IOC Session in St Moritz)の際にいくつかの案が採択されたことにより、祝って、6月17日〜24日を選択するように要求した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

しかし、近代五輪の父と呼ばれるフランスのクーベルタン男爵(Pierre de Frédy, baron de Coubertin/1863 - 1937)が、オリンピック競技大会の復興を提唱し、1894年06月23日にパリのソルボンヌ(Sorbonne, Paris)でIOC(International Olympic Committee/国際オリンピック委員会)が誕生したので、毎年06月23日を「オリンピック/デー(Olympic Day)」が制定された。

最初のオリンピック・デーは、その時点のIOC会長ジーグフリード・エドストレム(Sigfrid Edström, IOC President/1870 - 1964)によって1948年6月23日に祝われた。
また、世界の若者にメッセージを伝えた。 ポルトガル、ギリシャ、オーストリア、カナダ、スイス、イギリス、ウルグアイ、ベネズエラ、ベルギーは、それぞれの国でオリンピック・デーを開催した。

オリンピック憲章の1978年版(the 1978 edition of the Olympic Charter)では、IOCと、すべてのNOCは、オリンピック・ムーブメントを促進するためにオリンピック・デーを組織し、初めて推奨した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。