6月23日

オリンピック・デー(Olympic Day)

スポーツ

チェコスロバキアでIOC委員であった教授ヨーセフ・グルス博士(Professor Dr. Josef Gruss/1884-1968, IOC member in Czechoslovakia)によって1947年にストックホルムで開催された第41回IOC総会(41st Session of the International Olympic Committee in Stockholm)に「オリンピック・デー(Olympic Day)」が提案され、1948年1月のサンモリッツの第42回IOC総会(42nd IOC Session in St Moritz)の際にいくつかの案が採択されたことにより、祝って、6月17日〜24日を選択するように要求した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

しかし、近代五輪の父と呼ばれるフランスのクーベルタン男爵(Pierre de Frédy, baron de Coubertin/1863 - 1937)が、オリンピック競技大会の復興を提唱し、1894年06月23日にパリのソルボンヌ(Sorbonne, Paris)でIOC(International Olympic Committee/国際オリンピック委員会)が誕生したので、毎年06月23日を「オリンピック/デー(Olympic Day)」が制定された。

最初のオリンピック・デーは、その時点のIOC会長ジーグフリード・エドストレム(Sigfrid Edström, IOC President/1870 - 1964)によって1948年6月23日に祝われた。
また、世界の若者にメッセージを伝えた。 ポルトガル、ギリシャ、オーストリア、カナダ、スイス、イギリス、ウルグアイ、ベネズエラ、ベルギーは、それぞれの国でオリンピック・デーを開催した。

オリンピック憲章の1978年版(the 1978 edition of the Olympic Charter)では、IOCと、すべてのNOCは、オリンピック・ムーブメントを促進するためにオリンピック・デーを組織し、初めて推奨した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告