6月23日

オリンピック・デー(Olympic Day)

スポーツ

チェコスロバキアでIOC委員であった教授ヨーセフ・グルス博士(Professor Dr. Josef Gruss/1884-1968, IOC member in Czechoslovakia)によって1947年にストックホルムで開催された第41回IOC総会(41st Session of the International Olympic Committee in Stockholm)に「オリンピック・デー(Olympic Day)」が提案され、1948年1月のサンモリッツの第42回IOC総会(42nd IOC Session in St Moritz)の際にいくつかの案が採択されたことにより、祝って、6月17日〜24日を選択するように要求した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

しかし、近代五輪の父と呼ばれるフランスのクーベルタン男爵(Pierre de Frédy, baron de Coubertin/1863 - 1937)が、オリンピック競技大会の復興を提唱し、1894年06月23日にパリのソルボンヌ(Sorbonne, Paris)でIOC(International Olympic Committee/国際オリンピック委員会)が誕生したので、毎年06月23日を「オリンピック/デー(Olympic Day)」が制定された。

最初のオリンピック・デーは、その時点のIOC会長ジーグフリード・エドストレム(Sigfrid Edström, IOC President/1870 - 1964)によって1948年6月23日に祝われた。
また、世界の若者にメッセージを伝えた。 ポルトガル、ギリシャ、オーストリア、カナダ、スイス、イギリス、ウルグアイ、ベネズエラ、ベルギーは、それぞれの国でオリンピック・デーを開催した。

オリンピック憲章の1978年版(the 1978 edition of the Olympic Charter)では、IOCと、すべてのNOCは、オリンピック・ムーブメントを促進するためにオリンピック・デーを組織し、初めて推奨した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。