gaYa広告

2015年06月20日

核の天才少年テーラー・ウィルソン。彼は14歳で原子を溶融させた。

未来

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、核の天才少年テーラー・ウィルソン(Taylor Wilson)を紹介した。彼は14歳でで原子を溶融させた。癌を打つために、カウンターテロと計画について,米国政府にアドバイスした。

私は2013年02月28日に、テーラー・ウィルソンが18歳で古い核兵器からの廃棄物で小型原子炉を考案した!ことを紹介したことがある

彼はまだほんの21歳であると報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事は、重要なので読まなくてはと思い。すでに数日が過ぎた。

何がテーラーウィルソンを怖がらせるか?
テーラーウィルソンが、彼の手首にガイガーカウンタを持っているのを見る、放射能放出に呼応して警告を測る滑らかな、スポーティー注視物である。

彼の両親のガレージに入り、電気装置の貴重な混乱に近づくと、それは不吉なビープ音を放射する。

ウィルソンは完全なフローにいて、コーナーの旧式なコントロールパネルを説明し、それを無視する。

「これはオリジナルの原子核破壊装置のうちの1つである」と、彼は言う。

「それは、それ、ウム、250万ボルト以上を発する。」「粒子を加速する。初期の原子物理学の仕事のためにそれがそんなに親切である。」彼はノブを軽くたたく。

このガレージには、14歳でウィルソンが労働核融合反応を築いたものがあり、そのプラズマコアの温度を580mCにもたらした。それは太陽のコアの40倍の熱さである。

何年もの間実験するアーカンソー(Arkansas)からのこのやせこけた子供は、コカコーラボトラーの息子で、彼が、小型の太陽を作成した科学者のエリートのクラブを地球につなぐことができるまで、ヨガのインストラクターとして、勤勉な素材、機器、および専門知識を持っている。

ホワイトハウス後援された科学(White House-sponsored science fair)で、ウィルソンは、核の素材を貨物専用コンテナに検出できる機器のために科学で、US$50,000をまともに勝ち取らなかった。彼が、まともに示したカウンターテロ革新は、長い間の後に、バラク・オバマ(Barack Obama)をワーと言わせた。

ウィルソンの2つのTED話は、小さい核分裂反応炉のための根本的な計画(Radical Plan For Small Nuclear Fission Reactors)と核融合反応炉(A Nuclear Fusion Reactor)を建てたが、約400万回見られた。

差し迫った伝記に基づいて、ハリウッド伝記映画は作られた。

その間、企業は彼に求婚し、政府は、彼の発明品のうちのいくつかを買うと申し出た。

以前のエネルギー米国秘書クリスティーナ・ジョンソン(Former US under-secretary for energy, Kristina Johnson)は、彼の伝記作家トム・クラインズ(his biographer, Tom Clynes)と話した.

「私は彼のような人をたぶん、世代において1人いる。彼はただスマートであるわけではないが、彼はクールで、明瞭である。私は、彼が、これまで私が会ったことがある最も驚異的な子供であるかもしれないと思う。」と言った。

私も、米国の18歳の少年が、古い核兵器からの廃棄物で小型原子炉を考案したとき、同じように思った。

2013-02-28---米国の18歳の少年が、古い核兵器からの廃棄物で小型原子炉を考案!

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告