on-the-time.jp

2015年06月20日

アルゼンチンが世界の書店のキャピタルである理由。

アート言語教育電子ブック

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、探究的なアルゼンチン人がそれらの文学的な切望を甘やかすのに、ちょうど十分なほど、世界のどのような他の都市より、ブエノスアイレス(Buenos Aires)にはより多い書展があると報告した。

世界の最もよい独立な書店トップ10の愛書家読者が、ブエノスアイレスを勧める。

それらの国は、軍隊の独裁、経済の崩壊、および政治の特に口汚いブランドに耐えていた。
従って、たぶん、中でアルゼンチン人がまだ楽しみの中で慰めが最も古いよい本で巻き上がることを発見しているはずであることは驚くべきではない。

世界都市文化フォーラム(the World Cities Culture Forum)の最近の研究によると、国の首都のブエノスアイレスは住民あたり世界のどのような他の都市より多い書店を持っている。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

約280万人の人口によって、ブエノスアイレスは最低734軒の書店がある。
それは、100,000人の住民ごとに約25軒の書店があることになる。
世界的で、香港は100,000人あたり22軒の書店があり、もっとも近い。3番目は、スペインのマドリッドが続き、ちょうど16軒で、それらと比較される ロンドンは100,000人あたり10軒の書店であった。

毎年100万人以上が訪問者を引き付けるイベント市のブック・フェア(the city’s annual book fair)のプレジデントであったガブリエラ・アダモ(Gabriela Adamo)hは、19世紀末から20世紀初期の大量の移住の波とアルゼンチンの本との恋愛関係が関連すると言う。

1世紀前、ブエノスアイレスは世界で最も裕福な国のうちの1つで輝いていた首都であった。
ヨーロッパの移民はブエノスアイレスに流れ込み、文化とアートが繁栄した多文化的な環境を作成した。

1つの段階で、ブエノスアイレスは、スペイン語新聞、雑誌と文学的であることとアート出版物の過多とともに、2つのイギリス語新聞、様々なドイツ語新聞。1つのプロナチスの新聞あたり1つの段階に含む、反ナチスおよびユダヤ人のを誇った。

「オブジェクトとしての本はその時かえし文化的なシンボルになった。それは、今日も持続している。」と、ガブリエラ・アダモは言った。

そう言えば、京都外国語大学の初代学長は、南米の国の大使で、膨大な古書コレクションを日本に持ち帰ったと聞いているが、アルゼンチン駐在大使だったのかもしれない。

しかし、同時代の経済学は役割も果たし、本は、アルゼンチンのほとんどの商品のばか高い標準の21%売上税を免除されて、インターネット販売と電子書籍読者は、まだローカルな出版市場の侵入をする必要がある。

アマゾンは、アルゼンチンのサイトと輸入制限に、国際的なインターネット売り手から本を購入することを官僚的な悪夢にさせない。

「アルゼンチン人は、まだ、本のために書店入り、ブラウズすることを好んでいる。」
「私達は、本を売るためのWebサイトを持っているけれども、それは読者の少ない割合を引くだけである。実際は、それらは、タイトルをオンラインで選ぶために、それをもっと使用するようであるけれども、彼らは、ここで実際の本を買うために店で来る。」と、書店Ateneo Grand Splendidの営業支配人アントニオ・ダルト(Antonio Dalto, business manager of the Ateneo Grand Splendid bookshop)は言った。

それは、たぶん、店の設定の威厳を考慮するので驚くに当たらない。
15年前に、1919年の劇場が、巨大な書店に転換し、オープンした。それゆえ、雄大で素晴らしい、静かな自慢の約1世紀前イタリアのアーティストによりペイントされる美しいシーリングフレスコ壁画がある。

悠然と読まれることのために置かれた古い劇場ボックスのうちの1つにその巨大な21,000平方フィートショールームをブラウズするか、または撤退するために、1年ごとに約100万人の顧客がそこを訪問する。

「文化はブエノスアイレスの人々に非常に重要である。若い子供でさえ、本を読み、私達は毎日ここでそれらを見る。ティーンエイジャーのための本は私達の最も大きい売り手のうちの1人である。」と、アントニオ・ダルトは言った。

出版社と本屋は、流行または流行に免疫があって、味で都市の本市場がはっきりと全般的であると伝えている。

「広く、変えられた需要によってここで非常に正確な種類の読者がある。」と、ガブリエラ・アダモは言った。

アルゼンチンはラテンアメリカで最も多産な本出版社のうちの1つであり、出版されたタイトルの数は、1年ごとに昨年の16,092から2004年の28,010までの着実に増大した
2014年に印刷された本の全体の数は、1億2,300万冊であった。

出版エキスパートは、精神分析について、その妄想に読むことへの国の愛情もリンクし、アルゼンチンは、住民あたり世界のどのような他の国より多い心理学者を持っている。そして、ブエノスアイレス精神分析協会のメンバーであるバージニア・アンガー(Virginia Ungar, a member of the Buenos Aires Psychoanalytical Association)によれば、療法の習慣的な内省が、アルゼンチン人を理想読者にする。

「一般の精神分析、読書およびアートのすべてはリンクされる。なぜなら、それらは個性の深さにすべての問い合わせであるからである。文学と精神分析は言下に働く。」と言った。

アンガー それは、1910年にジグムント・フロイトにより設立された国際精神分析学会(International Psychoanalytical Association founded by Sigmund Freud in 1910)の次期プレジデントである。

それは、繁栄している新しい本のための市場だけではない。ブエノスアイレスは、102軒の希少本と古書店があり、ロンドンの68軒またはベルリンは、ほんの6軒で、および住民あたり中古の書店についての3番目であったヨハネスブルクと東京が後に続く、それらのほとんどはAvenida Corrientesに沿って集まっている。

都市の異常な時間。午後11時のディナーのためにしばしば人々が会い、夜半過ぎまで開いているままの店にいるのは、その役割も果たすと、スペインの出版巨獣Planetaのアルゼンチン支店の事業部長イグナシオ・イラオラ(Ignacio Iraola)ga言った。

「都市ブエノスアイレスは、遅く起きる.」「および早い時間の外のストレッチである。 」と、彼は言った。

「Avenida Corrientesは、決して眠らない。長く、開いている書店に似ている。」

向こうはまた、都市センター、ローカルな書店で繁栄する。

ラテンアメリカ人作者の初版が専門の独立店La Internacional Argentinaが、向こうのヴィラ・クレスポ(Villa Crespo)のボヘミアン(bohemian)付近にに押し込まれる。

最近の夕方、両方が30代のフランシスコ・ガラモナ(Francisco Garamona)とニコラス・モギレブスキー(Nicolás Moguilevsky)は、アルゼンチンの画家によって、彼らが、アート本だけでなく、多くの初めての作家と詩人を出版する特色出版社Mansalvaを動かすオーナーで、その後ろの部屋で、赤いアルゼンチンのワインのいくつかのボトルで、その日を終えた。

「もしこれが仕事であるなら、私達は、今ごろボーリングされて、やめるようになったであろう。私達の存在は奇跡である。」と、フランシスコ・ガラモナは言う。

書店とMansalvaプレスはかろうじてすり抜けるけれども、それらは、本への都市の抑えがたい渇望への遺言という今や、15年間のビジネスにある。

「私達は、ここの歩道で2ヶ月ごとの土曜日に1つのフェアを保持する」と、ニコラス・モギレブスキーは言う。

「それは、時々最高500人の人々 来るために本当に驚くべきである。それらの多くは、若い子供。そして、それらは、通常、大きい書店都心部のうちの1つで時に、彼らがちょうど1冊に対して支払う価格のために彼らがここにで2または3冊の本で立ち去る。」と言ってる。

ブエノスアイレス(Buenos Aires)の書店街Avenida CorrientesのGoogle Earthポインター情報
34°36'14.6"S 58°24'41.6"W
または、
-34.604064, -58.411569

2015-05-04---バーチャル「バベルの図書館」は、ボルヘスの無限の本を現実化。
2015-04-07---300年前の本は,法王の要求により破壊されなかった。
2015-04-05---フランスでイスラム関連書籍の売れ行きが好調なわけ!
2015-02-26---2014年の美術品オークション落札総額。過去最高。
2015-02-24---「わが闘争(Mein Kampf)」は、歴史のツール、またはヒトラーの墓を越える声?
2015-02-15---1763年のスコットランドの事典初版が、イギリスのeBayで£950。
2014-10-10---世界で、不思議で素晴らしい書店15店と、私の古書店。
2014-07-24---世界にある素晴らしい書店。
2014-04-14---再考、図書館は死んでいます?
2014-04-09---北京で初めて,24時間の書店がオープンした。
2013-12-09---なぜ、フランスの本は、海外で売れませんか?
2013-11-27---世界の崇高な図書館。
2013-10-03---フランスのオンライン書籍販売制限法。
2013-08-28---レオナルド・ダ・ヴィンチの解剖スケッチ。
2013-08-10---キューバのハバナに、初めて英語の書店がオープン。
2013-06-13---世界最古のブック・フェアーと古書フェアー。
2013-02-01---歴史的な未来に向けた10種類の絵。
2012-12-11---中国7000年の歴史で生まれた女性用神秘の性用品。
2011-12-14---パリで有名な英語版書店の創設者が死去した。
2011-02-13---出版業界でデジタル販売と戦った米国の本屋ボーダーズが破産間近!
2011-01-21---アフリカ、コンゴのコミック!
2011-01-18---18世紀のオークション・カタログ2冊が売り出された。
2011-01-08---2010の本のベストセラーで判る書店の傾向と出版の成功の鍵!

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告