on-the-time.jp

2015年05月27日

くしゃみの後に、『あなたを祝福しなさい』と言う理由。

美容と医学の科学

Business Insiderは、米国やヨーロッパなどで、くしゃみをすると、その後に、『bless you(あなたを祝福しなさい)』と言う。

再びアレルギー季節である。
従って、回りで、たくさんのくしゃみがあると報告した。

くしゃみはいっぱいすぎるようなクレージーな物により起こされるかもしれず、明るく軽い、または均一なオルガズムを見る。
他の動物もくしゃみするが、くしゃみは、実際、現象を非常にほとんど知られていない。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

どれほど共通であるか科学者シャーロット目耳鼻&のど協会のジョナサン・モス博士(Dr. Jonathan Moss of Charlotte Eye Ear Nose & Throat Associates)は、ほとんどの場合、「くしゃみは外の小片と刺激物をあなたの気道。特にあなたの鼻腔から放出するようになっていて、保護反射です。」とメールで解説してきた。

そして、米国で、くしゃみの後に来るもの?それは、伝統的に、「bless you」である。

鼻音不法行為の鼻音生理学と病態生理学(Nasal Physiology and Pathophysiology of Nasal Disorders)で、昨年出版したくしゃみとかゆさのトルコ科学レビュー(Turkish scientific review of sneezing and itching)で、「ギリシア人とローマ人は健康の印としてくしゃみを見てとって、彼らの好意を『長生き』というフレーズを使用して、または、『木星は、あなたを神聖にするかもしれませんか』とくしゃみをした人に表明しました。」と言っている。

Nasal Physiology and Pathophysiology of Nasal Disorders
2013, pp 139-152
Date: 27 Jun 2013
Physiology and Pathophysiology of Sneezing and Itching: Mechanisms of the Symptoms
Murat Songu MD,
T. Metin Onerci MD

しかし、だいたい途中で、くしゃみは良い上品さから落ちた。

14世紀のグレゴリーVII法王(Pope Gregory VII)に、『God Bless You,' become(神の祝福を あなたにする。)』が、「すべてのくしゃみの後に、疫病に対して保護するといわれている短い祈り」になるように頼んだと、レビューで作者が言った。

そんな馬鹿な!法王ならラテン語で、もし、14世紀の英語なら、もの凄い訛った中世英語のあったはずである。

別の潜在的な反応?「健康。」を意味しているドイツの言葉「Gesundheit(お大事に!)」がある。

この驚異的なWikipediaページの世界中の「くしゃみに対するする反応」によると、それらのくしゃみ反応において世界中の多くの国が健康と長寿を参照すること、神と関連しているほんのいくつかが見つかる。

ただし、14世紀のグレゴリーVII法王が現代英語を使った例題は違反である!

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告