2015年04月21日

Apple Payは、消費者調査でPayPalの前に出た。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、451 Researchからの情報として、Apple Payは、北アメリカの消費者が、使うことを計画しているモバイル支払いアプリの間のフィールドをリードしていると報告した。

アップルサービスにより45%サポートは最近の調査に引き付けられた--2014年12月以来その好意において、5%のスイングを表している。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

回答者は、質問としてl『あなたは、次の90日の間購入品を作るためにどのモバイルの支払いアプリを使うことを計画するか?』とされて、

PayPalは。同じ期間に32%から28%まで後退した。
PayPalはアップルに先がけてモバイルの支払い成果を発進させたけれども、少なくともユーザー知覚では、Apple Payが追い付いていことのを発見した。

その間に、Googleは、12月の11%から2015年3月に13%までになっていた。

もし調査においてユーザーがどのような他の支払いアプリの選択でも提供されたならば、それは不明瞭である。

他の発見では、Apple Watchを買うことに興味をもった回答者は、他のすべてのスマートフォンオーナーの2倍(54%)ありそうで、ウェアラブル機器を使った支払いのために人気があるとわかり、それらの産業に支払いのための攻撃の弾薬を与えていたと報告した。

調査は、ことによると、アップルが未来に高齢のエリアで、敵からこのより大きい競争者サムスンに直面しているかもしれないとも気付いた。
韓国の巨人は今年末Samsung Payをスタートする。

回答者の8%は、それらが『非常に』、または『多少』で支払いサービスを使うことになっていると伝えている。
これは低い数値のように思われて、まだサムスンを除いて。支払いをかろうじて促進している。

そして、その数値はサムスンスマートフォンユーザーの間の25%に跳び、それらの間で、いっそう高く(46%)、次の90日のサムスンスマートフォンを買うことを計画している。

発見は、451 ResearchのChangeWave調査ネットワークへの4,000人を超える回答者と同様にモバイル支払いについての3月の消費者調査に基づく。

ただし、PayPalは世界規模で、Apple Payは米国国内限定である。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。