on-the-time.jp

2015年04月21日

Apple Payは、消費者調査でPayPalの前に出た。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、451 Researchからの情報として、Apple Payは、北アメリカの消費者が、使うことを計画しているモバイル支払いアプリの間のフィールドをリードしていると報告した。

アップルサービスにより45%サポートは最近の調査に引き付けられた--2014年12月以来その好意において、5%のスイングを表している。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

回答者は、質問としてl『あなたは、次の90日の間購入品を作るためにどのモバイルの支払いアプリを使うことを計画するか?』とされて、

PayPalは。同じ期間に32%から28%まで後退した。
PayPalはアップルに先がけてモバイルの支払い成果を発進させたけれども、少なくともユーザー知覚では、Apple Payが追い付いていことのを発見した。

その間に、Googleは、12月の11%から2015年3月に13%までになっていた。

もし調査においてユーザーがどのような他の支払いアプリの選択でも提供されたならば、それは不明瞭である。

他の発見では、Apple Watchを買うことに興味をもった回答者は、他のすべてのスマートフォンオーナーの2倍(54%)ありそうで、ウェアラブル機器を使った支払いのために人気があるとわかり、それらの産業に支払いのための攻撃の弾薬を与えていたと報告した。

調査は、ことによると、アップルが未来に高齢のエリアで、敵からこのより大きい競争者サムスンに直面しているかもしれないとも気付いた。
韓国の巨人は今年末Samsung Payをスタートする。

回答者の8%は、それらが『非常に』、または『多少』で支払いサービスを使うことになっていると伝えている。
これは低い数値のように思われて、まだサムスンを除いて。支払いをかろうじて促進している。

そして、その数値はサムスンスマートフォンユーザーの間の25%に跳び、それらの間で、いっそう高く(46%)、次の90日のサムスンスマートフォンを買うことを計画している。

発見は、451 ResearchのChangeWave調査ネットワークへの4,000人を超える回答者と同様にモバイル支払いについての3月の消費者調査に基づく。

ただし、PayPalは世界規模で、Apple Payは米国国内限定である。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。