2015年04月21日

日本の磁気浮上超電導リニア列車は、F-1の約倍のスピード!

観光

BBC Newsは2015年04月21日のニュースを更新し、スピード比較を紹介した。

日本の新幹線は、世界的に有名だが、一般の運航は320km/hである。
しかし、新幹線は、最も速い操作スピードにおいて最大505km/hで動作する。
ヨーロッパの高速鉄道は、300km/hである。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

フォーミュラ1(Formula 1racing car)は、321km/hである。
中国の(China maglev train)であるSMT(Shanghai Maglev Train/上海磁浮示範運營線(上海磁浮示范运营线/Shanghai Transrapid)は、430km/hである。

今回の日本の磁気浮上列車超電導リニアは、603km/hを実現した。

2045年までに、ちょうど1時間で磁気浮上列車が東京と大阪を接続することは、旅時間を半分に削減して期待されている。

中国は北京からヨーロッパまでの列車、ロシアはロンドンからニューヨークまでの自動車道を計画しているが、問題は、そこを移動する乗り物である。
さらに、安全が求められる。

証人へのルートに沿って約200人の列車愛好家が火曜日の試運転に集まった。

「それは私に悪寒を与えた。私は本当に列車に乗りたい。私は歴史の新しいページに立ち会ったことに似ている。」と、1人の女性がNHKに言った。

山梨リニア実験線のGoogle Earthポインター情報
山梨県立リニア見学センター
日本, 〒402-0006 山梨県都留市小形山2381 ‎
+81 554-45-8121 ‎
35°34'58.4"N 138°55'38.5"E
または、
35.582897, 138.927347

2015-04-21---日本の磁気浮上列車超電導リニアは、再び世界スピードレコードを破る!
2014-03-06---電気自動車は、もはやない特別ではない。
2013-08-29---日本は、リニア・モーターカーのためにテストを再開した。
2013-08-18---イギリスの高速列車HS2は「納税者£800億を要する。」
2007-09-25---ドイツが、リニアモーター鉄道の商業化した。
1989-08-03---リニアモーターカーの新しい実験線を山梨県内に内定した。
1982-09-02---リニア・モーターが世界で初めて有人浮上に成功した。
1979-12-12---リニアカーが時速504kmを記録した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト