on-the-time.jp

2015年04月21日

日本の磁気浮上超電導リニア列車は、F-1の約倍のスピード!

観光

BBC Newsは2015年04月21日のニュースを更新し、スピード比較を紹介した。

日本の新幹線は、世界的に有名だが、一般の運航は320km/hである。
しかし、新幹線は、最も速い操作スピードにおいて最大505km/hで動作する。
ヨーロッパの高速鉄道は、300km/hである。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

フォーミュラ1(Formula 1racing car)は、321km/hである。
中国の(China maglev train)であるSMT(Shanghai Maglev Train/上海磁浮示範運營線(上海磁浮示范运营线/Shanghai Transrapid)は、430km/hである。

今回の日本の磁気浮上列車超電導リニアは、603km/hを実現した。

2045年までに、ちょうど1時間で磁気浮上列車が東京と大阪を接続することは、旅時間を半分に削減して期待されている。

中国は北京からヨーロッパまでの列車、ロシアはロンドンからニューヨークまでの自動車道を計画しているが、問題は、そこを移動する乗り物である。
さらに、安全が求められる。

証人へのルートに沿って約200人の列車愛好家が火曜日の試運転に集まった。

「それは私に悪寒を与えた。私は本当に列車に乗りたい。私は歴史の新しいページに立ち会ったことに似ている。」と、1人の女性がNHKに言った。

山梨リニア実験線のGoogle Earthポインター情報
山梨県立リニア見学センター
日本, 〒402-0006 山梨県都留市小形山2381 ‎
+81 554-45-8121 ‎
35°34'58.4"N 138°55'38.5"E
または、
35.582897, 138.927347

2015-04-21---日本の磁気浮上列車超電導リニアは、再び世界スピードレコードを破る!
2014-03-06---電気自動車は、もはやない特別ではない。
2013-08-29---日本は、リニア・モーターカーのためにテストを再開した。
2013-08-18---イギリスの高速列車HS2は「納税者£800億を要する。」
2007-09-25---ドイツが、リニアモーター鉄道の商業化した。
1989-08-03---リニアモーターカーの新しい実験線を山梨県内に内定した。
1982-09-02---リニア・モーターが世界で初めて有人浮上に成功した。
1979-12-12---リニアカーが時速504kmを記録した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト