on-the-time.jp

2015年04月21日

日本の磁気浮上超電導リニア列車は、F-1の約倍のスピード!

観光

BBC Newsは2015年04月21日のニュースを更新し、スピード比較を紹介した。

日本の新幹線は、世界的に有名だが、一般の運航は320km/hである。
しかし、新幹線は、最も速い操作スピードにおいて最大505km/hで動作する。
ヨーロッパの高速鉄道は、300km/hである。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

フォーミュラ1(Formula 1racing car)は、321km/hである。
中国の(China maglev train)であるSMT(Shanghai Maglev Train/上海磁浮示範運營線(上海磁浮示范运营线/Shanghai Transrapid)は、430km/hである。

今回の日本の磁気浮上列車超電導リニアは、603km/hを実現した。

2045年までに、ちょうど1時間で磁気浮上列車が東京と大阪を接続することは、旅時間を半分に削減して期待されている。

中国は北京からヨーロッパまでの列車、ロシアはロンドンからニューヨークまでの自動車道を計画しているが、問題は、そこを移動する乗り物である。
さらに、安全が求められる。

証人へのルートに沿って約200人の列車愛好家が火曜日の試運転に集まった。

「それは私に悪寒を与えた。私は本当に列車に乗りたい。私は歴史の新しいページに立ち会ったことに似ている。」と、1人の女性がNHKに言った。

山梨リニア実験線のGoogle Earthポインター情報
山梨県立リニア見学センター
日本, 〒402-0006 山梨県都留市小形山2381 ‎
+81 554-45-8121 ‎
35°34'58.4"N 138°55'38.5"E
または、
35.582897, 138.927347

2015-04-21---日本の磁気浮上列車超電導リニアは、再び世界スピードレコードを破る!
2014-03-06---電気自動車は、もはやない特別ではない。
2013-08-29---日本は、リニア・モーターカーのためにテストを再開した。
2013-08-18---イギリスの高速列車HS2は「納税者£800億を要する。」
2007-09-25---ドイツが、リニアモーター鉄道の商業化した。
1989-08-03---リニアモーターカーの新しい実験線を山梨県内に内定した。
1982-09-02---リニア・モーターが世界で初めて有人浮上に成功した。
1979-12-12---リニアカーが時速504kmを記録した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト