2015年04月17日

ロンドンで、のみの市が消えかけている。

経済ファッション観光

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、ロンドンで、通りの店のみの市が、大きいスーパーストアとオンライン・ショッピングのインパクトの方針食物と商品市場の中流化、または変化が、消滅の危険にあると報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

私達は、都会生活の多くで、愛されている部分の低下を見ているか?
より排他的で、高価な何かと取り替えられる長年入手可能な通り市場である。

または、豪華なフラットのブロックでさえ?
たとえあなたがイギリスのどこでにいても、私達は、ローカルな市場で、あなたの考える低下または脅威であることについてのあなたの考えを聞きたいと言ってきた。
あなたの写真を共有しなさいとも言っている。

GuardianWitness、および私達を持つストーリーは、ガーディアンの都市によって選択を特集する。

GuardianWitnessは、ガーディアンのユーザー生成された内容のホームである。
あなたのビデオ、写真、および物語を寄与し、他により提出されたニュース、レビュー、および作成をブラウズし、投稿はGuardianWitnessでの出版に先がけてレビューされて、最もよい断片はガーディアンサイトで主演すると言っている。

少しづつ変化し、気が付くと大きく動いている。

私は、のみの市が好きで、道路を荷車を押して売りに来る古本屋を見つけると、どこでも無理矢理止めて、すべてをひっくり返して、紙くずを買う。

ときどき、明日持ってくると言って別れ、相手が来なかったり、私が行かなかったり、実にいい加減な市場である。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。