2015年04月17日

サラエボで、世界で一番大きなシチューに挑戦!

経済観光

AFPは2015年04月18日に、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ(Sarajevo)で2015年04月17日に、十数人のシェフと数十人のボランティアたちが、夜明けから8時間かけて約1万5000人分、4124kg相当のシチューを作ったと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

鶏肉1000kg、
ニンジン150kg、
セロリ50kg、
玉ねぎ約30kg、
オクラ15kg、
小麦粉100kg、
食用油100リットル、
バター50kgを使用したという。

ギネス世界記録(Guinness World Records)によるこれまでで最大のシチューは、昨年同じくボスニアで作られた4026kg分のシチューで、今回認定を受ければこの記録を抜いて世界最大のシチューとなる。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。