on-the-time.jp

2015年04月17日

インフォグフィックスが明らかにした米国の警察銃撃殺人事件。

犯罪と裁判

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、サウスカロライナ(South Carolina)で白人警察官マイケル・スレンガー(Michael Slager)による武装解除された黒人ウォルター・スコット(Walter Scott)の銃撃が殺人課され、再び鋭いフォーカスに米国の致命的な警察銃撃の問題を今月初め持って来られた。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

イギリスを除いて、致命的な警察銃撃は種々の国家により不十分に報告される。

最も最近入手可能年からのデータはi100.co.ukにより収集され、警察が銃を運び、使う国の間の致命的な銃撃の違いが過激であり続けることを示した。

米国の警察は致命的な銃撃で、298人を殺している。 一貫して持っているイギリスの権力より多くの時に催される銃撃年は、 2009年以来、2人より少ないまたは、1年あたり7人の銃撃があった1990年以来。より少い。

いくつかの見積りによると、米国の警察は3月に、この前の世紀にイギリスで警察により殺された人々より多い。

アイスランドは、2013年を援護射撃している1つの致命的な警察を経験しただけである。
国の歴史で初めてであると信じられる。

Statistaにより供給されたグラフィックは、2μs円の中で小さい方により説明された公式なFBIデータにおいて、大きく開く穴も示す。

FBIは、「義務のラインで、警察官による重罪人の殺害」として彼らにより定義された「行揃えされる」と考えられる銃撃を報告するだけである。

それが報告しないものは、根拠がないと考えられる銃撃のうちの数千人である。このチャートに従って1,582人が報告されていない殺害を説明し、致命的遭遇ウェブサイト(Fatal Encounters website)により供給される。

2012年以来、それは、人々が警察銃撃のそれらの成長データセットに寄与していることを可能にし、それが最終的な表計算に追加される前に、個々の入力がチェックされる。

それにもかかわらず、 より早い年の間は、静かであるはずで、たくさんのデータのために、かなり不完全な間、それは、あなたに、FBIのために報告されていなく、行く数のアイデアを与え、特に、最近根拠がない出来事が銃撃の大多数を作った。

FBI数値は、2013に、461人の正当化された銃撃があったと伝えている。
致命的な遭遇。けれども実のところ、その年に合計1033件の銃撃の68%が根拠がなかったと報告している。

ブレイン・ブルグハート博士(Dr Brain Burghart)は、それゆえ昨年、彼が、致命的遭遇を設定したデータセットで、「警察殺害のそのようなライブラリの不在が不快なのを発見しなさい。」 と言って、データセットを始めることを手紙で知らせた。

私は私のコアに確信する。そのようなデータベースの不足は意図的である。

どの政府が、それらの警察ライセンスを使用にひどく権力を与える地方自治体のうちの数千ではなく、連邦政府も、あなたに、それが何人の人々を殺すかを知っていてほしくないこととを理由にしている。

それは、証拠から引き出されうる唯一の結論である。

彼は、どのように、最初、データを収集しようとする間、彼がFBIにより「遅らされて、嘘を言われたか」とも記述する。

そして、アメリカの警官は、まだ、米国の警察銃撃を持つすべてにどのような問題もあることを否定にいる。
共和党の下院議員トレイ・マクゴウディ(Trey McGowdy)は、昨日、チャールストンの最近の銃撃がより大きな体系的な問題の合図であることを否定しただけである。

そこはまた静かである。まったく完全なデータセットが無く、-誰が、いくつのより報告されていない銃撃があるかもしれないかを知り、米国と警察暴力について、他の国家の間の湾はどれほど本当に広大であるか?

これでは、FBIや米国の保安官は、西部劇の英雄ワイアット・アープ(Wyatt Berry Stapp Earp/1848 - 1929)ではなく、殺人集団である。

実際の英雄ワイアット・アープもガンマンで、人殺しだった。

警察が殺した人のことを隠しているなど、誰が信じられるか?

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。