on-the-time.jp

2015年04月17日

テクノロジーでまぬけなドライブを予測。

自然

CNNMoneyは、現実を直視しよう。ほとんどすべての自動車衝突が人為的ミスにより起こされる。
もし、それらが起こるすぐ前にドライブ誤りを予測するための方法があったら?

それは、コーネルとスタンフォード大学(Cornell and Stanford universities)で研究者のため開発の下の新しいテクノロジーの約束である。
すでに、多くの車が、ラインマークおよび周辺の車を見るセンサーとカメラを持っている。この新しいシステムは、ドライバーを監視するために、車の中のカメラも使うと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

頭とボディの微妙なムーブメントは、ドライバーが、まさに次の数秒のレーンを回すか、または変更しようとしていることを示すことができる。
車の外でセンサーからデータと結合したその情報によって、コンピュータは、ドライバーが、危険を動かせようとしていると予測できる。例ば、接近する車の前で左に曲がる。

ドライバーは、その時、彼がまさに衝突を起こそうとしていると警告できた。

システムは、その時刻に、彼がまさに作ろうとしている回転が違法なドライバーに警告するために、GPSデータも用いることができた。

システムを開発するために、コーネルのアシュトッシュ・サクセナ(Ashutosh Saxena)と彼の同僚は、10人のドライバーのビデオを記録し、それらが運転したので、それらの車から楽しみにするビデオと結合した。
全体で、2ヶ月より多くを動かしている約1,200マイルの都市とハイウェーが記録されて、分析された。

コンピュータは、一定の頭とボディムーブメントを急迫ドライブ工作と関係づけていることを学んだ。
後で、ドライバーの違うセットによってテストされる時に、テクノロジーは、ドライブにより時間の77.4%が動かされると正しく予測した。
平均において、それが起こる3.5秒より多く前に、回転またはレーン変化が予期された。

研究者によると、より多くの洗練がまだ必要である。
時々、面追跡システムは一時的な影により振り捨てられえた。
また、乗客と対話しているドライバーは、システムを混同するかもしれない。
そして、いくつかのドライブ状況は、回転で単にレーンから回るようにいつも同じ物質的なキューに関係するわけではない。

視標追跡機能と、より洗練されたカメラは、より大きい精度のために追加できた。
センサーは、ドライバーのムーブメントを拾うために、ハンドルとペダルに追加できた。

これまでに、このテクノロジーは初期の段階にあるけれども、研究者は自動車メーカーとアクティブな議論にいると、Saxenaは言った。

でも、ぬけなドライブは、まぬけのママかもしれない。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。