gaYa広告

2015年04月17日

ベルギーの首都でEUの本部があるブリュッセルでは、シマウマが走っている!

自然

ブリュッセルは、サファリになった!?

BBC Newsは、3匹のシマウマがベルギーの首都ブリュッセル(Belgian capital Brussels)で自由に走り回り、寛大で1杯の「一般の動物」物語にふたを被せたと報告した。

そう言えば欧米で、多くの野生動物が自由になっている!

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

シマウマのグループは、ローカルな牧場を脱出した後に、通りを通って速足で駆けたけれども、ありそうにない警察追跡に続いて、すぐ捕らえられた。

その間、アライグマ(raccoon)は、高度200mのトロントのクレーンに登り、ワシントン州では横転したトラックから逃げたミツバチでいっぱいにした。

そして、インターネットとしてのすべてのこれは2015年に大きいラマの脱出から回復した。

シマウマのオーナーの友人バーナード・リュイック(Bernard Luyckx)は、見たところ動物がそれらの安定連れ合いのうちのいくつかの販売に対して狼狽すると言った。

「馬のうちの何頭かが売られて、他のシマウマは発狂し、ゲートを踏みつけて、通りに逃げた。幸運にも、シマウマが捕獲されるまでに、誰も損傷、 または、負傷の報告がなかった。」

彼は、金曜日に地方住民が「自由なサファリ」を得たと言った。

そして、シマウマの輝きは、みんなのの喜びにも横断歩道(cross a zebra)を渡るように、薦める1ポイントで出現した。

アライグマの写真は、200m以上の摩天楼の上のクレーン・オペレータにより撮影された。

再びアライグマが地上に安全に戻ったと新聞トロント・スターにロブ・マクファーレンが話している。

「それは異常ではない。」「アライグマはクレーンが好きであるようである。」と、彼は言った。

これも地球温暖化の影響か?

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。