gaYa広告

2015年04月17日

カナダの銀行家は『煩わしい』Apple Payを躊躇。

モバイル・マネー

ブライアン・シャフィン(Bryan Chaffin)はMacObserverで、カナダの銀行は、Apple Payをカナダにもたらすようにするためのアップルと初期の交渉を躊躇していると報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

WSJ(The Wall Street Journal/ウォールストリート・ジャーナル)によると、カナダ市場の90%をコントロールする6つの銀行は、セキュリティについて心配し、アップルを「煩わしい」と考えて、アップルのシステムのためのセキュリティプロトコルを開発するために、コンソーシアムを形成した。

アップルは2014年10月にApple Payを米国で乗り出させて、それは迅速にその市場でトップのモバイル決済システムになった。

アップルは、1月にモバイル・トランザクションを通じて使われたすべてのUS$3のうち、US$2と見なされているサービスを要求した。

それはヒットにし、ウォールストリート・ジャーナルは、カナダの銀行はこれを理解していると言及している。

彼らは、それらの顧客がシステムに熱中しているとも知っている。アップルのiPhoneは、カナダの市場の約30%を所有して、それは1つの理由であり、アップルは、Apple Payの早い拡張のためにその国をターゲットとしている。

しかし、そこで、いつものことであるけれども、伝えられるところでは、アップルがカナダの銀行からトランザクションあたり15-25ベーシス・ポイントを捜している。

それは0.15%から0.25%までである。

それは小さく聞こえるかもしれないけれども、米国銀行が最高15のベーシス・ポイントを支払っている。それらの米国対応するものが支払っているよりいっそう高い可能性は、カナダの銀行が煩わしいと考える理由である。

アップルがカナダの種々の方法を捜しているかもしれない理由についての明らかな理由が全然ない。

興味深い別のエリアはセキュリティである。

今まで、Apple Payは破らなかったけれども、盗まれた信用情報をApple Payにロードし、それから、購入品を作るためにそれを使用している犯罪の例があった。

まず第一に、データが盗まれたので、ある程度これは可能であるけれども、それがApple Payに追加されている時に、クレジットカード・ユーザー・アイデンティティを確認することは銀行の責任でもある。

クレジットカード・ユーザー・アイデンティティが、あまりにも多く盗まれていると言う過去の経緯を無視するわけには行かないと言うことは、以前から話題になっている。

今回、新しいシステムは、クレジットカード・ユーザー・アイデンティティは、廃棄すべきであると言う意見もあるはずである。
しかし、米国で始まったクレジットカードの考え方と呪縛から、アップルも抜け出せなかった。

それは、カナダの銀行がApple Payのセキュリティで用心した理由である。
それらは、そのような確認においてどのような経過からでも生じる詐欺のためのフックにある。

それは、それらが連立を形成した理由でもある。

それは、よりよいセキュリティ・プロトコルを開発するのに表面上は役立っている必要があるけれども、それは、それらが、アップルに、統合された正面を提供し、たぶん譲歩を取り出すことをより容易にすることの副作用を持っている。

カナダ人の約90%をコントロールし、それらにその国でApple Pay初公開にキー入力させて販売する銀行は、カナダロイヤル銀行(Royal Bank of Canada)、トロント-ドミニオン銀行(Toronto-Dominion Bank)、ノバスコシア銀行(Bank of Nova Scotia)、モントリオール銀行(Bank of Montreal)、商業カナダ皇帝銀行(Canadian Imperial Bank of Commerce)、およびカナダナショナル銀行(National Bank of Canada)である。

WSJは、アップルがその市場のために、11月の初公開を捜しているとも報告した。

また、CITI Bankのオペレーションと技術のチーフ・オフィサーであるドン・キャラハン(Don Callahan, chief operations and technology officer with bank Citi)が、Google Walletの経験と評価について話したビデオを公開し、その最も初期のパートナーのうちの1人として、Citiは、Googleサービスの進行を現在まで、見てきたことを話している。さらに、キャラハンは、銀行が、顧客が携帯用ハンドセットで財貨・サービスの代価を払うことを可能にする、多くの異なる技術をどのように評価しているか説明した。しかし、その1カ月と少し後に、Google財布のチーフが辞任し、Googleはクレジットカード計画を廃棄、または延期している。

ドン・キャラハンは、何を学んできたのか?

Google Walletは、多くの信用を無くす事件が多発し、その責任を回避するため、Google財布のチーフが辞任している。

2014-10-27---Apple Payは、モバイルペンイメント革命。
2014-08-21---デジタル財布の出現で、私たちは今後、どのように代価を払うだろうか?
2013-10-16---Citiは、米国の小売り業者から、モバイル・マネー勉強中!
2013-06-04---モバイルペンイメントがブームになり始めた。
2013-05-13---Google、クレジットカード計画を廃棄、または延期。
2013-05-09---Google財布のチーフが辞任。
2013-04-11---セキュリティの問題を積み残したまま、モバイル・バンキングAppは増加。
2013-03-25---Citiが、Google Walletから学習したもの。
2012-06-03---銀行は改良すべき時期に来た!それは押し進めるに違いない。
2011-06-27---シティグループのハッキングで、顧客がUS$270万盗まれた!
2010-12-30---インドのCitibankに住み着いた詐欺師?、逮捕!
2010-10-21---すぐ現在のクレジット・カードが、お役後免になる。
2006-11-13---フィッシング・メールに間違えられたCitibank Australiaの案内。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。