on-the-time.jp

2015年04月03日

エリック・ヨハンソンの光学式幻覚写真。

アート

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、スウェーデンの写真家エリック・ヨハンソン(Swedish photographer Erik Johansson)は、一見したところ、彼の魅惑光学式の幻覚によって私達の精神を吹きつけるようにしていると報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

ベルリンで基づく彼は、熟練した修正者でもある。
彼は、彼の野心的なアイデアを、本当の写真のように見える論理的にシュールレアリスム的なプロジェクト(logically surreal projects)に変えることができる。

ヨハンソンは、デジタルの変更ソフトウェアのヘルプによって1つの写真をAdobe Photoshopにするために、しばしば、数百の違うオリジナルのイメージを用いる。

彼のアートへの興味は15歳に彼の画家祖母から始まり、すぐに彼により引き起こされた、コンピュータの「写真で遊び、何かを作成するあなたはカメラで捕らえることができなかったことを」を開始した。

「それは、学ぶための大きい方法であり、トライして学んだ。」と、ヨハンソンは、彼のWebサイトで、彼が数年後で写真撮影を彼の職業とみなしはじめただけであると付け加えて書く。

「私は、私が実現したく、私が、それをできる限りリアルにしようとすることを問題解決と考えたというたくさんのアイデアを持っていた。」

ヨハンソンが彼の作品がサルバドール・ダリ(Salvador Dali)、ルネ・マグリット(Rene Magritte)、ヤツェク・エルケ(Jacek Yerk)などの有名なアーティストとともに、そののためのキーインスピレーションとしてスウェーデンの地方の彼の幼年期を引用することであったと言っている。

しかし、そっちよりエッシャー(Maurits Cornelis Escher/1898 - 1972)の方が似ている。

「それは、違うパースペクティブから世界を見ることについてたくさんである。」と、彼は、彼のスタイルを、「ユーモアの感触によってリアルな方法で実現されたシュールレアリスム的なアイデア」と評して言う。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。