gaYa広告

2015年03月21日

インドのウォーターマンは、トップ賞!

自然美容と医学の科学人物経済政治

BBC Newsは、「水のためのノーベル賞」として知られているトップ賞は、水を1,000の村に持って来たインドの運動家に与えられたと報告した。

ストックホルム水賞(Stockholm Water Prize)の審査員は、彼の方法が、洪水、復元された土と川、および持って来られた後ろの野生生物も防止したと言う。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

賞勝者ラジェンドラ・シン(Rajendra Singh)は、ダビングされた「インドのウォーターマン(the Water Man of India)」である。

審査員は、彼のテクニックは安く、簡単で、それ彼のアイデアには世界的に続いているはずである。と言う。

ラジェンドラ・シンは、雨水収穫の古代インド技術の現代バージョンを使う。

それは、雨天季節および水が未来の使用のため、グラウンドに漏出することを可能にすることにおいて水の流れを抑制するために地球の低レベルのバンクを建てることを伴っている。

医者、けれども彼が不毛のラージャスターン(Rajasthan)地方の村のポストを取り上げた時に、彼が、最も大きい必要が医療ではなく、飲料水であると言われたこととして彼は最初訓練された。

地下水が、乾燥していて水が消えた。 吸われたことで作物が不足したこと、川、森林、および野生生物が消えたこと、および町に残されていた人々。

「私達が私達の仕事を始めた時に、私達は、飲料水危機およびどのようにそれを解決するかを見ていただけである。」と、ラジェンドラ・シンは言った。

「今日、私達の目的はより高い。これは、利用、汚染、および浸食の世紀である。水の戦争を平和に変換することが、私の人生のゴールであり、すべて、これを止めるためにあります。」

賞を提出したストックホルム国際水研究所(The Stockholm International Water Institute0は、気候変化が世界のまわりの天候パターンを変更するので、彼のレッスンが必須であると言った。

そのディレクターであるトルグニー・ホルムグレン(Torgny Holmgren)は、「淡水への需要がブームの世界では、もし私達が、どのように、私達の水の取る世話を改良するかを学ばないならば、私達は数十年以内に厳しい水危機に直面する。ラジェンドラ・シンは希望の指針である。」と言った。

その引用において、審査員は、「今日の水問題は科学またはテクノロジーによって一人で解決できない。それらは、管理、方針、リーダーシップ、および社会的な弾性の人の問題である。」
「ラジェンドラ・シンのライフワークは、参加の行動によるローカルな水問題、女性のエンパワーメント、先住のノウハウを、現代科学、および技術のアプローチ、開発と資源使用の伝統的なパターンをひっくり返すことと結び付けることを解決するために社会的な能力を築くことにあった。」と言う。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。