gaYa広告

2015年03月21日

フランスのモンサン・ミッシェルに「世紀の大潮」

自然

AFPは2015年03月22日に、フランス北西部ノルマンディー(Normandy)地方の観光名所モンサンミッシェル(Mont Saint-Michel)に、「世紀の大潮」を見物しようと過去最多のおよそ3万人が押し寄せたと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

欧州で2015年03月20日に観測された日食の影響もあり、2015年03月21日夜の潮位はモンサンミッシェルの周辺で14mを超え、理論的な最大値が120の潮位の指数が119となる過去最大級の高さとなった。

しかし、大潮で被害を受けた人たちのニュースが伝えられたことから、観光客たちのにぎやかな雰囲気は夜になるころには消えてしまった。
ブルターニュ(Brittany)地方だけでも午後の満潮時に取り残された15人が救助された。

また「スーパータイド(supertide)」とも呼ばれた同日の大潮と直接の関係はないものの、フランス南西部ジロンド(Gironde)県では70歳の漁師の男性が、さらに北部のイルグランデ(Ile Grande)では貝を集めていた男性が海に流されていずれも死亡した。

モンサンミッシェル(Mont Saint-Michel)のGoogle Earthポインター情報
48°38'9.83"N,1°30'41.25"W

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する外部のサイト