gaYa広告

2015年03月21日

フランスのモンサン・ミッシェルに「世紀の大潮」

自然

AFPは2015年03月22日に、フランス北西部ノルマンディー(Normandy)地方の観光名所モンサンミッシェル(Mont Saint-Michel)に、「世紀の大潮」を見物しようと過去最多のおよそ3万人が押し寄せたと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

欧州で2015年03月20日に観測された日食の影響もあり、2015年03月21日夜の潮位はモンサンミッシェルの周辺で14mを超え、理論的な最大値が120の潮位の指数が119となる過去最大級の高さとなった。

しかし、大潮で被害を受けた人たちのニュースが伝えられたことから、観光客たちのにぎやかな雰囲気は夜になるころには消えてしまった。
ブルターニュ(Brittany)地方だけでも午後の満潮時に取り残された15人が救助された。

また「スーパータイド(supertide)」とも呼ばれた同日の大潮と直接の関係はないものの、フランス南西部ジロンド(Gironde)県では70歳の漁師の男性が、さらに北部のイルグランデ(Ile Grande)では貝を集めていた男性が海に流されていずれも死亡した。

モンサンミッシェル(Mont Saint-Michel)のGoogle Earthポインター情報
48°38'9.83"N,1°30'41.25"W

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト