2015年03月21日

芸術家デイビッド・ベストのバルサ材ロンドンデリー寺院。

宗教戦争と平和

BBC Newsは2015年03月20日に、ワインディング田舎道(winding country road)を走るロンドンデリーの水辺(Londonderry's Waterside)の丘の頂上を越えるパスに乗ると、突然それにであうことができた。

渦巻図形と尖塔および不可能な振り回しの白く、軽いバルサ材寺院、それは異質である。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

まるである巨大な手が意外なバリ島の寺院を引き抜き、それを振るかのように、それは、地球を、ケリーのフィールドに、川フォイルを軽蔑しているデリーの都市の上に高く穏やかに置いているようであると言っている。

早朝の静寂にさえ、巡礼者のしっかりとしたしたたりがある。

車いすを押している人々の他、乳母車の小さい子供を押している女性年配の人々は、それが装飾されたメッセージと写真を見つめるために、木製の砕石のパスを寺院に下に行く。

「記憶を置いていき、過去を放し、未来に期待しなさい」と、入口で大きいサインに書かれている。

「好むための祈り」誰かが書き、近くでは、大きい錠剤ボックスは、愛情心によって満ちる柱に押し込まれる。

「私のおばあさんは、私をそんなに誇っていたであろう。」は、木材の小さい断片の子供っぽい文字で書かれている。

生年月日と死の日付を完備していてメモリカードの外で、顔は微笑む。

寺院は、土曜日の夜燃やされる。残すことの荷を持って来ている人々について、損失とそれを被ることである。その時すべては炎上する。

プロジェクトを推進しているアメリカ人アーティストのデイビッド・ベスト(David Best, the American artist behind the project)は、レースで死んだ若い人についての賛辞として、彼の最初の寺院を彼のオートバイにした。

彼の友人のために、それは死の最初の経験であり、その時デイビッドは、2000年にネバダ砂漠のバーニング・フェスティバル(Burning Man festival)で、それらが燃やした賛辞を築くことを手助けした。

そこから、多くの人々が損失を扱うことを手助けする多くの寺院が続いていた。それは、彼のためにどんな生活が呼び起こしていたかである。

「これは私の9番目に最後の寺院である」と、彼は言う。

それは、雨、雪、あられ、および風において実行された愛情の仕事であった。すべての年のボランティアは、空の尖塔に昇る複雑な風通しがよい、および飾り立てている木製のフレームを作成するために働いた。

最もデイビッド・ベストは、平和と癒しについて、ワンマンの任務にないおよび北アイルランドの人々がpretentionのための寛容さをほとんど持っていないことにおいていわれている。

「北アイルランドはデイビッド・ベストの同類を非常によく無しで済ます。彼らはすでにそれを明示していた。しかし、これは、アイルランドがし、それが、北アイルランドの平和のお祝いを分担することであるもののお祝いである。」

「悲嘆があるけれども、また絶対の喜びがある。これはそれを分担することになっている。」

彼は、加わるように来た訪問者のうちの数千人を指し示す。寺院はそれらによって満たされる。

彼は、彼が寺院スペースの平和に導いた盲目の女性を覚えている。

「私はそれに触れることができる。」と、彼女は彼に言った。

この都市は全然燃焼へのしろうとではない。大かがり火はとても忠臣および国家主義の伝統の一部である。

イベントの組織者チョウセンアザミ(Artichoke)のディレクターのヘレン・マリッジ(Helen Marriage)は、これが彼女の興味を引き起こすと言った。

「大かがり火伝統を取り、それを破壊することについてであった」と、彼女は言う。

「私は、含まれた、平和についての大かがり火を作成するためにデイビッドを招待することが興味深いと思い、過去を放す。」

フィールドの選択は重要であった。それが都市の共和党の地所に近いので、それはニュートラルなスペースと考えられない。

「私は、ここの上の子供としてピクニックに行き、それから、来た年配の人々と話し、それらは一度もトラブルを引き返したことがなかった。

「決して、共有されると考えられないスペースは、決して共有されない」と、彼女は言う。

決定は、それを試し、変更するためにされた。エリアを再び開き、あるが『無行き』を考慮したために。レセプションは非常に暖かであった。すべて、「ほとんどの歓迎」であったと、彼女は言う。

イベント・マネジャーのシーマス・コイル(Events manager Seamus Coyle)は理解ファミリーに恵まれている。寺院は彼の時間を過去の数週に消費した。

彼は、香港、リバプールの文化と北アイルランドのGiro d'Italiaで、中国の新年春節で働いたけれども、このプロジェクトは以下のような挑発的な問題でいっぱいの止め木であった。
「あなたはどのように道路を建てるか?」
「それは建物プロジェクトにより似ていた。」と、彼は言う。

しかし、それは仕事ではなく、彼は言い、人々は加わりボランティアである。

「これは仕事についてではなく、請求、それを支払うことについて美しく、何人かの人々が、マッチをそれに置くことが恥辱であると言うけれども、それは人々の損失に築かれて、それは、どのようにそれが行くかである。」

一日中土曜日に、仕事が『大きい焼け焦げ』のための木製のチップによってそれを満たし続けると、寺院は閉じられる。

浄化として、火のアイデアは、日付が数千年をバックさせる伝説である。

このプロジェクトについてのすべては最終的な燃焼を引き起こす。

最もデイビッド・ベストは、彼のため。彼のこめかみを火傷させることを手助けするための彼の勇気に触れた人々を選んだ。

それは、振り付けが慎重にされた火である。そこに立ち、見る20,000人の人々のメモリーにおいて生き長らえるはずのものである。

そして、寺院が灰に変り、人々が、仕事と子供と週刊誌交換に引き返した後に、フィールドは再シードされる。
そして、炎が急いで行き、飛躍するのを見るために集められた春分と数千の日の跡が全然ないであろう。

まるで決してそれが起こらないかのようにそれはであるけれども、それらはそれらの心の財布の写真のように記憶を伝えることとする。

つまり、過去をすべて忘れ、未来に向かって旅立つ。

そう言えば、アイルランドのIRAは、現在のIS(Islamic State/イスラム国家)のように、攻撃をしていた。

いつかISも戦場から脱出できるのだろうか?

ロンドンデリーの水辺(Londonderry's Waterside)のGoogle Earthポインター情報
54°59'24.1"N 7°18'41.8"W
または、
54.990042, -7.311603

2014-11-10---世界的指導者による厄介な握手。
2012-06-27---エリザベス女王は、元IRA指揮者と初めて握手した。
2012-06-27---世紀の握手!

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する外部のサイト