on-the-time.jp

2015年03月21日

野生の時計?Baselworld 2015。

アート

BBC Newは、スイスで開催される時計の見本市「Baselworld 2015」では、すべての可能性において、あなたは天文学つむじ風(Astronomia Tourbillon)のように時計をまったく一度も見たことがない野生の時計が登場し、インド諸国は「Baselworld 2015」で情熱をスプーンでかき混ぜると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

そう言えば、知人でテレビゲーム脚本家の知人が、不思議な時計を持ていたが、これを見たら、どう反応するだろう。

そのドームで覆われたサファイアケースの中では、288で並んだダイヤモンドは回転si、月を表している。センターのまわりでそれら両方が20分ごとに1回回転すると、それは地球の手塗りのモデルのまわりを周回する。

その間、つむじ風として知られている部分時計の脳が出るプロジェクトでは、別の方向に3つの斧を横切って同時に回転する4番目のアームの回転時計面が天の舞踊を完成する 。

US$50万(370,000£より高い、そのような興行術は安く来ないけれども、それは、どれほど、独立な時計製造人が、年齢1世紀の技能のバウンダリを推進することを試みているかを説明する。

有名ブランドの時計を持って喜んでいるよちよち歩きのコレクターを馬鹿にする!

「すべてが働くかどうかをわかるためにCAD(computer aided design/コンピュータ支援デザイン)に関係するこの動きはエンジニアリングの達成に必要」と、時計の創造者Jacob&Co.の常務取締役マウリツィオマッツォッキ(Maurizio Mazzocchi)は言う。

長い期間眠っていたインドは、最近目覚めた。眠っていたときには時間は無視された。

「私達がこれのような時計をすることが、今日のテクノロジーなしでは、できなかった。それは不可能である。」

「しかし、すべては手で作られる。」

本当に正確に動くのか?

以前、手作りの時計を貰ったが、毎日時間を合わせていた。
Watchしないと時間が判らなくなる。
これこそ本当のWatchである。

パキスタンでは真鍮でできた日時計の腕時計を見た。
500年くらい前に中国で作られた聴いた。
ただし、嘘が多いパキスタンでは、それが信じられなかった。

高価な車に乗って、野生の時計で生活してこそ、本物である。
小倉智昭は、時計コレクターと聞いた。
野生の時計を持っているか?

2014-10-29---スマート・ウォッチは2019年までに1億が使用中。
2014-04-09---盲目の人々のための時計が、年間デザイン大賞を受賞。
2012-04-01---ネパールのシェルパが作ったもの凄い高級時計!
2012-02-21---300年前の「シャッター」懐中時計がオークションに登場!

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。