2015年01月14日

ISは、少年による初めての捕虜殺害映像を公開し、屈辱に利用。

戦争と平和

AFPは、IS(Islamic State/イスラム国家)が、ロシア情報機関によって派遣されたとされる男性2人が、少年に殺害される屈辱的な動画を公開したと報告した。

この動画には、男性2人がシリア領内のISに潜入しようとしたとして、カメラの前で尋問を受けた後、尋問を下ものではなく、少年に銃殺される様子が写っている。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

英語で「Uncovering an Enemy Within(内通者摘発)」というタイトルが付けられたこの動画にはロシア語でナレーションが入っている。ビデオはまずカザフスタン出身と自白した男性に対する尋問で始まり、男性はFSB(Федеральная служба безопасности/Federal Security Service of the Russian Federation/ロシア連邦保安局)からあるイスラム国戦闘員に近付くよう指示を受けていたと明かした。

続いてもう一人の男性が、国籍は言わなかったものの、以前ロシアでFSBに勤務していたとして、あるIS戦闘員の殺害を命じられていたと語った。2人はいずれも、シリア国内のIS戦闘員らに関する情報を収集し、報告するのが使命だったとしている。

尋問後、撮影場所が屋外に切り替わり、あごひげを生やし戦闘服を着た大人の戦闘員の横に、拳銃を手にした少年が写る。灰色の服を着た先ほどの男性2人が地面にひざまずくと、少年が2人に向かって発砲した。まず頭を狙って撃ち、2人が倒れたところへ、さらにとどめの数発を撃ち込んでいる。

この動画の最後には、同少年が以前に、大きくなったら「不信心者」を殺したいと語っていた様子が付け足されている。
これは昨年出回ったイスラム国のプロパガンダ動画からの抜粋で、子ども向けの訓練キャンプに少年が参加した際の映像とみられる。当時の動画の中で少年は「アブダラ(Abdallah)」と名乗り、カザフスタン出身だと話していた。 

この動画について、ロシアのFSBは今のところコメントを出していない。
ISが、少年による「処刑」の様子を撮影した動画を公開したのはこれが初めてとみられる。
ただし、子どもたちにおぞましい殺害の様子を見せたり、戦闘訓練を受けさせたりする様子を撮影した動画はこれまでにも頻繁に公開していると報告した。

今後、このような情報が増えることだろう。

私は、これに近いことに遭遇したことがある。昔、シリアを移動して一時、子供が本物の拳銃をオモチャにして遊んでいた。私は子供の竹とんぼを渡し、遊び方を教えて、持っていた拳銃と交換した。
渡しは拳銃に興味が無いのでその場で分解し、川に捨てた。
また、ヨルダンからウエストバンクを経由してイスラエルに入るとき、イスラエル兵が、ロシア製マシンガンを持っていたので、どうしたと言うと、ロシアのスパイを殺して奪ったと自慢していた。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告