gaYa広告

2015年03月03日

フランスで郵便物1万3000通を盗んだ郵便局員の裁判。

犯罪と裁判

AFPは2015年03月04日に、フランスの裁判所は、郵便物1万3000通を盗み、10年以上にわたって屋根裏に隠していた強迫性障害の62歳の元郵便局員に、執行猶予付きの禁錮6月、罰金4000ユーロ(約530万円)の有罪判決を言い渡した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

被告はフランス北東部のモーゼルのティオンビル(Thionville, Moselle)在住で、すでに退職している。
警察が発見した郵便物は書簡1万3694通、はがき約6000通に及んだという。

被告が勤務していたフランス郵政公社(La Poste)は、被告が盗んだ郵便物を全て返却することを約束した。
最も古い郵便物は2001年のものだった。

被告が郵便物を盗んでいるという疑惑は数年前からあったという。
フランス郵政公社は2011年、郵便物に粉末を詰めたおとり調査を行い、手や衣服に粉が付いた被告を現場でおさえた。

被告の弁護士のダビド・ジャンメール(David Jeanmaire)はAFPの取材に「(被告は)収集癖のある強迫性障害」に苦しんでいたと語った。 

また弁護士は「(被告は)警察に対し、光る物を収集するカササギのように、ある特定の色と形を持つ郵便物にひきつけられたと供述している。もし金を盗みたいだけだったら、郵便物を全て開封していたはずだ。それに何より、もしそうだったなら郵便物を全て処分していたはずだ」と述べ、被告にとって郵便物とは「旅行した気分を味わえる」方法だったと説明した。

フランス郵政公社の弁護士も「(被告の)行動は少々興味深い」と述べた。ただし、一方で被告には物質的な関心もあり、郵便物から盗んだ金を使って自動車に給油していたと補足した。

精神鑑定が必要だろう。
病気なら,常識として無罪である。

モーゼルのティオンビル(Thionville, Moselle)のGoogle Earthポインター情報
49°21'27.3"N 6°10'06.3"E
または、
49.357572, 6.168425

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。