2015年01月21日

作家の陳舜臣が、90歳で死去した。

日中文化の架け橋として活躍し、「阿片(あへん)戦争」や「中国の歴史」など、など中国をテーマにした歴史小説や紀行文を発表た陳舜臣(ちん・しゅんしん/1924 - 2015)が2015年01月21日に、90歳で老衰により死去した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

祖先は、中国の福建省の出身で、祖父の代に台湾から神戸に転居した貿易商の家で生まれた。

大阪外国語学校(現・大阪大外国語学部)に在学中、作家の司馬遼太郎と親交を結んだ。

大阪外国語学校の助手になったが、敗戦で国籍が日本から中国に変わり、研究者の道が閉ざされたため退職し、家業を手伝いながら小説を書き始めた。

また、ヒンズー語の辞典の編さんなどに携わった。
また、東西の文化の交流の道を描いたNHKの番組「シルクロード」の現地取材に携った。
1985年にはNHK放送文化賞を受賞し、日中間の領土争いに翻弄された琉球王朝の姿を描いた「琉球の風」は、1993年にNHKの大河ドラマで放送されました。

1961年に、「枯草(かれくさ)の根」で江戸川乱歩賞を受賞し、推理小説作家として出発した。
1967年に約3千枚の大作「阿片(あへん)戦争」を書いたのを機に歴史小説にも進出し、1969年には、「青玉獅子香炉(せいぎょくししこうろ)」で直木賞を受けた。

1998年01月には、ハワイにホノルルの天理文庫に陳舜臣文庫が設立された。

Hawaii Tenri BunkoのGoogle Earthポインター情報
2236 Nuuanu Ave. Honolulu,HI96817
Phone:538-7671
21°19'31.4"N 157°50'56.5"W
または、
21.325386, -157.849014

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。