gaYa広告

2015年01月14日

10年前、ホイヘンス・プローブはタイタンの表面に着陸。

宇宙

NASAは、10年前、地球からの探検家は異質な月のもやに不確かな運命とともに、パラシュートで降下したと報告した。

優しい下降について続く2時間より多くの後に、それは、凍った玉石により取り囲まれた寒冷な氾濫原にドスンと上陸した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この偉業によって、ホイヘンス調査(Huygens probe)は、太陽系の外の月で人工の最初の着陸を遂行した。

ホイヘンスは、サターン(Saturn/土星)の月の中で最も大きいタイタン(Titan)に安全にいた。

土星の月タイタンのこれらのイメージは、4つの種々の高度で2005年01月14日にホイヘンス調査により撮られた。

それがタイタンの表面に上陸したので、イメージは、調査の下降イメージャー/スペクトル放射計(the descent imager/spectral radiometer)から、眺めのならされたメルカトル(Mercator)の投影である。

カッシニホイヘンス任務(The Cassini-Huygens mission)は、NASA、ESA(European Space Agency/欧州宇宙機関)、およびISA(Italian Space Agency/イタリア宇宙局)の協力的なプロジェクトである。

パサディナのカリフォルニア工科大学の部門NASAのJPL(Jet Propulsion Laboratory, a division of the California Institute of Technology in Pasadena/ジェット推進研究所)は、ワシントンのNASAの科学任務指導者職(Science Mission Directorate, Washington)ための使節を管理する。

JPLはカッシニ人工衛星をデザインし、開発し、組み立てた。

NASAは、ホイヘンス調査、下降イメージャー/スペクトル放射計、およびガスクロマトグラフマス分光計の2つの機器を供給した。

mage Credit: ESA/NASA/JPL/University of Arizona

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。