on-the-time.jp

2015年01月14日

Charlie Hebdo記念号を求めて、店から店にはしご。

戦争と平和宗教ファッション人物政治犯罪と裁判

AFPは2015年01月15日に、フランスのパリ市内の各所にある新聞売店には2015年01月14日に、「ここにはシャルリーある?」と、イスラム過激派の男らによって多数の編集スタッフが殺害された風刺週刊紙シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)の事件後初の最新号を求め、息を切らしながらこう尋ねる客がひっきりなしに訪れたと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

パリをはじめフランス全土の店舗では、「生存者号」と銘打ったこの特別号が発売からわずか数分で売り切れ、多くの人々が肩を落としていた。

58歳の医師のカトリーヌ・ボニファス(Catherine Boniface)は、数件の売店をあたってみた後、パリ東部にある店舗を訪れたが、この店では150部全てが10分足らずで売り切れたと店員から伝えられた。
同紙を毎週購入する読者ではないというボニファスは、「少しがっかりした。今週号は、彼らの不屈の精神を表す象徴的なもの。彼らは(テロを)前にしても屈しなかった」と語った。

研究者のピエール・アスラン(Pierre Asselin)と友人で俳優のエリク(Eric)は、3店舗にあたってみたところで断念した。「明日また探してみるよ」とアスラン言っていた。すると、大急ぎで地下鉄の駅に向かっていた若い女性から、「ここにシャルリーあった?」と声をかけられた。
2人が声を揃えて「ないよ」と答えると、女性は残念そうな声を上げて、急ぎ足で立ち去った。

Twitter上では、最新号を手に入れることのできた幸運な人々が、ハッシュタグ「#JaiMonCharlie(私はシャルリーを持っている)」を付けたメッセージを次々と投稿。また競売サイトのイーベイ(eBay)では、特別号が数千ユーロ(数十万円)で取り引きされており、中には手持ちの1部を1万5000ユーロ(約207万円)で出品した人もいる。

33歳の教師のジャン・ストラジエ(Jan Stragier)にとって同紙購入は「支持表明の手段」で、特別号は「歴史に残る号だ」という。同じ考えを持っているフランス人は多く、1週間前までは6万部販売するのがやっとだった同週刊紙はすでに増刷を決め、最終的な発行部数は500万部に達する見込みだ。

特別号の表紙には、「すべては許される」という見出しの下、「私はシャルリー」と書かれたメッセージを持つ預言者ムハンマドの風刺画が描かれている。一部の国々では、イスラム教の創始者であるムハンマドの描写に反対するイスラム教団体が怒りの声を上げている。またイスラム教スンニ派(Sunni)の過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」は、ムハンマドの風刺画掲載を「非常に馬鹿げた」行為と批判する声明を出した。

71歳のミシェル・ムニエ(Michelle Meunier)は、最新号の初版70万部のうちの1部を手に入れることのできた数少ない人々の一人だ。「運の問題ではないわ。ベッドでぐずぐずしてないで早起きすればいいのよ」

増刷分は、今後数日のうちにフランス各地の売店に届けられる予定だ。アンヌさん(45)も、この日特別号を手にすることはできなかったが、あまりがっかりはしていないと話す。

しかし、これだけ話題になり、増刷されると、一般の値上がりしない。
つまり、一夜の興奮に過ぎない。

2015-01-14---イエメンのアルカイダは、Charlie Hebdo攻撃実行を認めた。
2015-01-13---Charlie Hebdoの編集長の元カノ、葬儀列席拒否。
2015-01-13---ヨーロッパのAnonymous vs イスラムのAnonymousの戦争
2015-01-12---Charlie Hebdoの虐殺容疑者で指名手配の女性は、シリアで生きている。
2015-01-12---Anonymousは、宣言通りフランス過激論者Webサイトを奪取!
2015-01-11---世界中からリーダー約40人がパリに集まり行進が始まった!
2015-01-11---Twitterの#タグ「#JeSuisCharlie」、投稿回数が世界最大になった。
2015-01-11---Charlie Hebdoの風刺画を掲載したドイツの新聞社に放火攻撃!
2015-01-10---コアチ兄弟の隠れ家の流し台に隠れて情報を配信したグラフィック・デザイナー。
2015-01-09---フランスの2カ所で起こった人質事件。
2015-01-09---ハクティビストAnonymousは、Al Qaeda、ISなどにメッセージを送信。
2015-01-09---殺されたと言われた女性のパリ人質犯は、脱出したかもしれない。
2015-01-08---フランスの攻撃は、さらに拡大。
2015-01-08---パリのCharlie Hebdo攻撃で、世界中の報道機関が結束した。
2015-01-08---Charlie Hebdo攻撃の被害者全員のプロフィール。
2015-01-08---ヨーロッパの移民排斥党は、パリのテロ攻撃でチャンスを得た!
2015-01-08---パリのCharlie Hebdo攻撃のメディアのトップページ。
2015-01-07---インディペンデントの編集長は、ムハマド漫画の出版は危険すぎたと言った。
2015-01-07---パリの攻撃で、フランスで最も有名な漫画家と編集長が殺された!
2015-01-07---フランスの雑誌「Charlie Hebdo」への銃撃で12人死亡。
2014-12-22---中国の報道官华春莹は、第3国をターゲットとするサイバー攻撃に反対。
2014-12-20---北朝鮮、中国、ロシア連合軍と米国、日本、ヨーロッパ諸国とのサイバー第1次戦争?
2014-12-20---世界最大の企業ハックで、ハリウッドについて私達に教えた9つのこと。
2014-12-14---ハッカー集団、ソニーに宣戦布告の「Xマスプレゼント」予告。
2014-11-07---襲撃!400以上のダークネット・サイトをシャット・ダウン。
2014-03-10---「ダークウェブ」に住み着く、サイバー犯罪者。
2014-02-05---シルクロード「立案者」ロス・ウィリアム・ウルブリヒトを起訴。
2012-11-15---サイバー犯罪者、企業コンピュータへの侵入売り出し中!
2007-09-11---犯罪者は、マルウェア・スーパーマーケットを経営。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。