2015年01月13日

食用昆虫の飼育と食用に適したプラスチックがある「未来のキッチン」

未来

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、現在の常識では考えられない台所として、食用に適した昆虫を耳にしたけれども、あなたは、プラスチックを食べることを考慮したか?
スマートフォンでコントロールされたミニ庭で、3D印刷栄養分から、これは控えめなキッチンの未来があると報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

未来のキッチンは、自身で、全てをきれいにする刃物類でいっぱいであること、ウィリー詰め込み型スタイル食物錠剤(Willy Wonka-style food pills)と予測エージェンシー・トレンドストップ(forecasting agency Trendstop)による食べ物パッケージ。それはまた2063年wo予測し、新鮮で、有機の生産物に高い需要がある。
私達は、超でローカルに行く、私達自身の食物を育てるために、スーパーマーケットに背を向ける。

そんな未来思考革新は何であるか?どのように私達が食物を生産し、私達が私達の浪費によってすることであるかに影響するかもしれないと言っている。

オーストリア協力的デザインスタジオLivinの創立者キャサリーナ・ウンガー(Katharina Unger, founder of Austrian collaborative design studio Livin)は、キッチンが食糧生産のため、より共生的になるのを見たい多くのデザイナーと新興企業のうちの1つである。
これを達成するのに役立つように、ウンガーは、農場432(Farm 432)と言う、黒い兵士ハエ(black soldier flies)を育てることによって、家で人々が彼ら自身のたんぱく質ソースを育てることを可能にする機器をデザインした。「 432」が数時間で生み出す1gのハエの卵から、あなたの平均的なロンドンの肉屋からの切りきざまれた子羊の£22価値と当量2.4kgのハエ幼虫たんぱく質(larvae protein)を取る。

「昆虫は現在、私達が食物を生産する方法をすっかり混乱させるかもしれない。」
「私は、人々がこれを利用し、家で彼ら自身の食物を独立して生産することを可能にすることを望んだ。私は、分散化されたシステムので、私達の未来の食糧生産嘘の一部を考える。」と、ウンガーは言う。

イギリスは毎日約7000万杯のコーヒーを飲み、排水管の下でたくさんの無駄なコーヒーの出がらしが洗われているのを意味している。
バース大学(University of Bath)は、彼らが偉大なバイオ燃料(great biofuel)を作ることを示唆したけれども、多くの新興企業は、食物連鎖を、グルメキノコにグラウンド(gourmet mushrooms)で回転させるすることによって循環している。とことんまでルーツを戻したGroCycleとエスプレッソキノコ会社(Back to the Roots, GroCycle and the Espresso Mushroom Company)は、国内でキットの使用で売却することで、彼らが、食物を再び個人的にするのに役立っているかもしれないことを望む。

エクアドル遠征のエール(Yale)の学生グループは2011年に、確かなプラスチック製品を壊すことができるさまざまなアマゾン川の菌類を発見した。ユトレヒト大学(Utrecht University)と共同して、キャサリー・ナウンガーは、付随菌類刃物類は言うまでもなく、プラスチックの浪費から菌類食物を成長させるために、菌類Mutarium、プロトタイプを以来開発した。

従って、どのように菌類Mutariumと仕事をするか?その最も簡単なビットのプラスチックは、寒天から作られた卵形のコンテナに置かれて、菌類は挿入されて、プラスチックを消費し、結果は食べ物急成長素材になった。

つまり食べられ、栄養を運び、消化でき、余分なものを排泄できるプラスチックを開発した。
そう言えば、ドイツのベルリンにあるフンボルト大学の教授が考え出した全ての植物は、プラスチックにできる技術は、さらに進化している。
そのプラスチックを植物のように、再加工できる。
そのとき、植物ではなく、肉の栄養を運ぶようにすれば、肉にもなる。
自然界の条理と科学的に回転させるだけである。

草を食った牛の肉を科学的に実証しているだけである。

果実、野菜、およびハーブを育てるために使用できるスマートフォンでコントロールされたミニ庭ニワ(Niwa)の創立者ハビエル・モリラス(Javier Morillas)は「人々は栄養およびそれらの食物の起源についてより心配している」と言う。
革新的な水栽培ベースのテクノロジーは、気候変数をコントロールできる内蔵ソフトウェアを持っている。

ハビエル・モリラスは、彼の「それらの食物の起源によって、そのリンクを失った都市生活者の間でポピュラーになる。」成長への楽しみおよび容易な要素が算出できると信じている。
スーパーマーケットに幻滅を感じそうであるなどのインタラクティブなテクノロジーと付け加えたかった。ニワは、それらの製品を開発するために昨年crowdfundingすることによって、まさにUS$150,000(£99,375)より多くの資金あつめた。Niwasの最初のバッチは次の数ヶ月以内に出荷される。

政府アドバイザーWRAPによるリポート(pdf)によると、食物浪費の約16%は人々のプレートから来る。
科学者は、未来のキッチンが、プレート・スクラップをパワーに変換できる環境にやさしいさやを含むと信じる。
これはバーミンガムの大学の生命科学者リン・マカスキー(Lynne Macaskie, a bioscientist from the University of Birmingham)により導かれた研究は、識別したバクテリアを国内の浪費から、水素に変換できる。そのプロセスからの唯一の廃棄物はクリーンな水である。

こんなところにもトヨタの「ミライ」はエネルギーを確保できる。

未来のダイエットが、現在私達がしているような何も生み出さないことは期待されない。たんぱく質は、ウンガーの機器によって繁殖した幼虫のようなソースが、私達を吐き気をもよおさせさせることができると昆虫を消費する考えるけれど、3D印刷により、どのようにそのような食物が消費されるかにおいて大きい役割は果たされる。
例えば、昆虫は、押しつぶされえて、粉に接地し、チョコレートまたはクリームチーズと混ざり、それから、より美味な形にプリントされる。

研究は、3Dプリンタが単に目新しさからのテクノロジー印刷加工食品ではないことを示唆する。
会社が、どのように栄養分の量をプリントするかを調査している。
未来の食事は粉末カプセルという形でであるかもしれない。または、小さくされて組み立てられ、それは人々の忙しいライフスタイルのまわりに適合し、進行に消費できる。

写真を掲載すると、イメージが固定化されるので、写真は掲載しないことにした。どうしても写真を見たい人は、イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」のWebページにあります。

Read more like this:
TripAdvisor scheme helps travellers select a sustainable bed for the night
Murky waters: the hidden environmental impacts of your cruise
Brought to you by Unilever: Unilever initiative helps 25 million people gain toilet access by 2020
The sustainable living hub is funded by Unilever. All content is editorially independent except for pieces labelled brought to you by. Find out more here.

Join the community of sustainability professionals and experts. Become a GSB member to get more stories like this direct to your inbox.

2014-09-28---これが未来のキッチン?
2014-07-17---ロケット工学者が開発したより速い加熱ナベとフライパン。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。