2014年12月18日

FCC、スプリントが顧客からの料金過払いで罰金US$1億500万を請求。

犯罪と裁判

Ars Technicaは、FCC(Federal Communications Commission/連邦通信委員会)は、伝えられるところでは数万人の顧客から不満をもたらした料金過払いでチャージでスプリント(Sprint)にUS$1億500万の罰金を科すことで訴えたと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

US$1億500万の罰金は、同じ違法な実行のため告発されたAT&Tに課されたものとマッチしている。
米国政府は、料金過払いでチャージの上で、T-Mobileも訴えた。

FCCはスプリントに対する行動を確認しなかったけれども、それは月曜日に全国ジャーナル(National Journal)と昨日WSJ(The Wall Street Journal/ウォールストリート・ジャーナル)で報告された。「完了されなかった強制行動によると、それは サードパーティ・サービスのために、スプリントの請求顧客が知り、それらはそれを要求せず、望まなかった。」と全国ジャーナルは書いた。

「[無名のFCC役員]によると、FCCの調査により3ヶ月ウィンドウは2013年8月から10月に中心に行われた。その間に、彼らは、望まれないチャージについて、約35,000の消費者から、受け取られたと、スプリントに不満を言った。 」とウォールストリート・ジャーナルは書いた。「FCCは、スプリントの行動が故意の違反であったと主張し、調査を解決するために、会社没収US$1億500万ドルを提案する。」

レポートは、1億500万のいくらが顧客に返されるかを言わなかった。AT&Tについて、US$8000万は、FTCC(Federal Trade Commission. Carriers/連邦取引委員会)により配布される顧客返済のために取っておかれた。事業者は、主として、1年前、料金過払いチャージを停止させたけれども、FCCと連邦取引委員会は、まだ、どのようにそれの前にキャリアが顧客に料金過払いを請求したかを調査している。

アップデート:CFPB(Consumer Financial Protection Bureau/米国消費者金融保護局)は、今日、主張された詰め込むチャージの上のスプリントを訴えた。

「私達はCFPB(Consumer Financial Protection Bureau/米国消費者金融保護局)に私達の商慣行の説明に強く異論を唱え。CNBC(Consumer News and Business Channel)によると、 スプリントは、ステートメントで、「無許可のサードパーティ請求からワイアレスの顧客を保護するために、かなりの処置を取った。」と言った。「CFPBは、ワイアレスのキャリアの上の司法権を主張することが、法律の権限を持っているかどうかにおいてテストケースとしてこの問題を使うと決めたようである。」と言っている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。