gaYa広告

2014年12月18日

ネブラスカ州とオクラホマ州は、合法マリファナでコロラドを訴える。

美容と医学の科学麻薬とメディア

BBC Newsは、ネブラスカ州とオクラホマ州は、米国最高裁判所(US Supreme Court)に、米国コロラド州でマリファナを合法にした2012法律を無効にするように頼んだと報告した。

以前からワシントン州、コロラド州は孤立した島ではなく、隣接する州は迷惑だろうと話していたが、やはり起こった。

2つの州は、コロラドの法律が連邦の法律の違反にあると主張する。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

彼らが正しいコロラドを訴えていることではなく、それらが州境をマリファナが合法なワシントン州と共有しないので訴えると、彼らは言う。

コロラドの司法長官は、それらの訴訟が長所なしでであると言った。

「連邦法はマリファナの生産と販売を明白に禁止する」と、プレス・リリースでネブラスカ司法長官ジョン・ブリューニング(Nebraska attorney general Jon Bruning)は言った。

「コロラド州は米国構成を徐々に蝕み、私は、米国最高裁判所が私達の憲法の原則を支持することを望む。」

コロラド州の司法長官ジョン・サザース(Colorado's attorney general John Suthers)は、ネブラスカ州とオクラホマ州がそれらの州に入るコロラドにおいて育てられたマリファナについて不満を言った後に状態が訴訟を予期していたという論述において言った。

しかし、彼は、「それは、有権者によりコロラドで作られた選択と対比されるようにマリファナについて連邦の法律の不施行から原告の主要な不平ステムのように思われる。」としてコロラドの法律を精力的に防御すると言った。

コロラドの市民は、2012年にマリファナを公認するために投票し、今年早く、州は、レクリエーション使用による販売のためのマリファナを提供するために、米国で最初の州になった。

すでに、コロラドはマリファナ販売から税金の$3400万を収集し、貴重な収益ストリームを状態の金庫に追加する。

ワシントン州は2012年に同様な手段を通過したけれども、マリファナは、そこで この過去の夏でのレクリエーションの使用のために発売されただけである。

アラスカ(Alaska)、オレゴン(Oregon)、およびコロンビア特別区(District of Columbia)は、11月にマリファナを公認するために、最近投票した。

産業貿易グループは訴訟を批判した。

「コロラドは、コロラドのマリファナの販売のための包括的で、頑強な規定をしているプログラムを作成した。」
「もしネブラスカとオクラホマが成功するならば、それらは暴力的な犯罪組織を責任者として戻っているようにする。」と、マリファナ産業グループのディレクターであるマイク・エリオット(Mike Elliott, the director of the Marijuana Industry Group)は言った。

これではネブラスカ州とオクラホマ州は、勝てそうもない。
もしかすると、合法化の方に取り込まれる可能性が高い。

2014-12-16---米国で多くの州が公認すると、10代のマリファナ使用は低下した。
2014-10-22---コロラドで、もっとも論争の的になっているマリファナ農園の内部。
2014-07-25---アメリカには、マリファナで終身刑の忘れられた人が多くいる。
2014-06-12---西アフリカは、麻薬の非犯罪化を委任。
2014-06-09+--ジャマイカは、カリブ海のコロラドと考えているが,まだ合法では無い。
2014-04-23---マリフアナ吸引で、若年成人の心臓疾患で深刻な問題。
2014-04-10---米国で、偽のマリファナ問題の出現。
2014-04-03---マリファナ株価の不明瞭な世界。
2014-03-11---コロラド州は1月にマリファナ税でUS$200万を集めた。
2014-03-05---非常に習慣性が高い最悪の麻薬「パスタ・ベース」との戦い。
2014-03-03---マリファナをモバイルで購入できるAppが開発された。
2014-02-22---メキシコのトップの麻薬王が捕まった。
2014-02-16---ヘロインの過剰服用を治療するスプレー式点鼻薬をテスト中。
2014-02-10---オーストラリアの麻薬密売人はバリ刑務所から釈放された。
2014-01-21---アメリカのマリファナの歴史。
2014-01-07---CDCの管理者は、アメリカの過度アルコール消費に取り組みます。
2014-01-01---米国で最初のレクリエーション用マリファナ店で知る10の疑問。
2013-12-11---世界初、ウルグアイは、マリフアナ全面合法化。
2013-08-16---シアトル公園で、3日間のマリファナ・フェストが復活!?
2013-05-31---元マイクロソフトの役員は、「マリファナ・チェーン」を立ち上げた。
2013-05-07---ワシントンで合法化されたマリファナは、好景気に結びつくか?
2013-01-01---コロラドで、合法的な会員制マリファナ・クラブが誕生!
2012-12-19---たばこメーカーのジャンプアップは、マリファナ市場への進出?
2012-12-14---オバマ大統領は、マリファナを合法化した州には行かない!
2012-11-26---米国の公立大学は、マリファナ専門の研究所を開設した。
2012-11-15---マリファナを合法化した米国の都市の警察は、マリファナ運転を心配。
2012-11-07---米国麻薬との戦いに挑戦する2つの州のポット投票。
2012-09-01---ホワイトハウスはバラク・オバマの蜂蜜ビールのレシピを暴露。
2012-08-15---ヘロイン、モルヒネ中毒は、医学的に治せる!

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト