11月19日

「世界トイレの日(World Toilet Day)」

美容と医学の科学

トイレにまつわる問題を考え、改善を図ることを目的に国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)が定めた記念日。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

AFPは2014年11月19日に、「世界トイレの日」(World Toilet Day)を翌日に控えた2014年11月18日に、インド・ニューデリー(New Delhi)で「国際トイレフェスティバル(International Toilet Festival)」が開幕したと報告した。

ユニセフの推定によると、インドでは人口の半数近い約5億9400万人がトイレの無い生活をしており、その割合は貧困にある地方では特に深刻だと言っている。
また約3億人の女性が病気や細菌感染、男性からの性的嫌がらせや性暴力の危険にさらされながら屋外で用を足さざるを得ない生活をしているとも伝えている。

Time of Indiaは2014年11月17日に、この祭典にはインドを含むブータン、ネパール、スリランカ、ラオス、ベトナムおよびアフガニスタンは、フェスティバルにここで参加する準備ができていると報告している。

それはトイレの重要性に関する意識を改革することを目標として、ブリンデシュワー・パサック(Brindeshwar Pathak)が創設した組織スラブー・インターナショナル(Sulabh International)が主催し、2014年11月18日から3日間行われる。

開会式は、参加国から約1,000人の学生行進し「2019年までにすべてのためのトイレ」のための誓約の一部として人間の鎖を形成する。

「衛生セクターに関して、1000人の児童、200の自由なマニュアル腐食動物、100人の未亡人他を含む役2000人が、積極的に参加するだろうと言っていた。

「それらは、初日でデリー中部の共通の場所に頭のファイバー・トイレ・ポットを運ぶ人間の鎖を形成するだろう。」とブリンデシュワー・パサックが言った。

高さ2フィートの大きなトイレ・ポット‥‥の中で‥‥黒く、白い‥‥ファイバー・グラスで作られて、Sulabhエンジニアによって作成された木製のシート、焼き石膏および他の材料が、表示されると言っている。

2014-10-06---なぜインドの衛生危機は、トイレ以上か。
2014-10-02---インドの政治家は、ほうきを持って町に出るように命じられた!
2014-09-20---コレラの原因だった排泄物から、テーブルに食品を届ける。
2014-08-15---インドの首相の言葉分析。首相のストレスは、政府、成長、トイレ!
2014-07-25---レストランの小便器にプーチン露大統領の顔。
2014-06-26---これまでに発見された最古の『人間糞』の分析。
2014-05-07---最も小さな部屋の大きな変化!トイレ・テクノロジー。
2014-02-07---アメリカのボブスレー乗りは、ソーチでトイレのドアを蹴り破った。
2014-01-20---この写真を見る限り、ロシアのソーチにはトイレに問題がある。
2013-11-28---巨大な有史以前の最古のトイレと、膨大な数の糞の化石発見。
2013-11-20---インドで旅客機トイレから、時価1億円以上、金の延べ棒。
2013-10-25---人的廃物をエネルギーに変えるトイレ・システム。
2013-10-08---ケニアの政治家は、トイレを清掃し、靴を磨く!
2013-10-02---ニューヨークで、トイレが爆発し、男性が顔面などに大けが。
2013-09-21---ベネズエラは、品不足を回避するためにトイレットペーパー工場を占拠。
2013-08-05---日本製の高級トイレ・ユーザーは、トイレでサイバー攻撃される可能性あり!
2013-07-16---おしっこで、発電する電池を開発。
2013-05-30---ベネズエラの警察は、トイレットペーパーの2,500のロールを差し押さえた。
2013-05-17---氷河時代の北アメリカ、大秘密解明。
2013-04-25---アフガニスタンの女性警察官に、安全なトイレが必要とされる。
2013-03-21---トイレと携帯電話。
2012-11-27---古代の「poo」は環境への人間の衝撃に手掛かりを与えた。
2012-03-14---インドの国勢調査、自宅の半分にトイレがなかった!
2010-09-02---鳥の「うんこ」を売って大金儲けをするペルー人!
2010-05-26---大規模動物絶滅が、気候変動や流星、彗星の衝撃ではなく、植物群落の転換?
2008-04-03---「糞」の化石は、BC1万2,300年頃であった。
2004-03-22---オレゴン州のPaisley近くにある洞窟で、「糞の化石」を発掘した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。