gaYa広告

2014年11月15日

石油が発見される前、アラビアの真珠貝採取潜水夫。

自然経済

BBC Newsなは、現在のアラビアについて考える場合、石油以外の想像不可能な富について考える。

1世紀未満前に、石油はまだ発見されていなかった。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

その地域は貧しく、収入のその主な源真珠採取業( pearl fishing)のうちの1人が、安い競争と植民地の管理者の非妥協的態度によって殺されるところだった、とマシュー・テラー(Matthew Teller)は書いている。

アラビアが貧乏で、国民全員が奴隷のような生活をしていた。

「ユスフ(Yusuf)は、潜水する準備ができていた。彼は縁によってそれを保持して、かごをとりました、そして[ねじられた]石を備えたロープに関する1本の脚。彼は下って、下って、下って行った。私は、彼が3および4ファゾム落ちるのを見ることができた。その後、彼は去りました。」
したがって、シンバッド(Sindbad.)の息子に、1939年にクウェートから真珠を急降下させる遠征について記述して、オーストラリアの調査者アラン・ヴィリャーズ(Alan Villiers)に手紙を書きました。

「彼は、何て長く元気がなかったのでしたのでしょう!
搭乗中の静寂があった。

その後、1つの、少し、ロープ引っ張るのが来た。また、柔らかいものは断食の中で引いて、手を渡した。

私がYusufが表れ、深く下に見るまでには、しばらく時間がかかった。

しみは人のぼかされたアウトラインになった。

「ここに、彼はついに水を壊して来ました。彼のかごは、最初に、カキ、次に太陽の閃光から彼の水を疲れていた目を保護するために放棄された腕を持った彼の古い頭で満たされた。彼は、クジラのように、以前吹きました。」
ヴィリャーズは、彼を見ることが幸運なことを知っていた、そして写真、世代の間アラビアの海岸のコミュニティーで保持していた真珠潜水産業の最後の息切れであった。

1920年代以来、日本語に培養された人工真珠は、湾の暖かい水域の下のカキからの天然真珠のアラビアの労働集約型に収穫することを致命的に骨抜きにする世界市場になり、それらの廉価および有り余るほどの量を氾濫させた。

真珠潜水は信じられないほどに負荷が掛かっていた。

ダイバーは、油の中の彼の皮膚を覆い、生綿、指の上の学長革さや、および鋭い岩からの保護のためのつま先を備えた彼の耳に栓をし、彼の首のまわりのロープかごを掛けて、鼻にクリップを備えた彼の鼻孔を密閉する。

ロープで結ばれた重い石を保持して、彼は、カキ養殖場に60フィートも(18m)下へ潜る。

デッキ上の助手は石のものを引き上げた。
その一方でダイバーは彼の首かごにそれらを格納して、ナイフで岩のカキをこすり落とした。

彼の肺がもう採ることができなかった時、彼はラインを引っ張り、浮上するべき海面まで強く引かれた。

ダイバーがキャプテンの注意する目の下で開くためのデッキ上のカキを共同出資して、これは恐らく1日当たり30回繰り返される。

その間で、また9月に、クウェート、バーレーン、ドバイおよびアブダビを含む湾町からカキ採りに向かっていた何百もの木船のすべては、それで、小さな魚を湾で釣る。

ダイバー、引き抜く道具および初心者の乗組員は、一度に信じられないほどに狭苦しい状態で搭載されて何週間も生きていた。

その時代からの海小屋は古い真珠で飾る家族によって生きているようにしておかれた。

大英図書館民族音楽学者ロルフ・キリウス(British Library ethnomusicologist Rolf Killius)は2013年にカタールに1つの特に哀調をおびて喚起するセッションを記録した。

誰でも負債にいた。

種々のものは、ボートの利益のシェアに対するそれらのキャプテンによる前渡金であった。
もし1年が悪ければ、それらは年に年を集める負債と共に、赤字の次を始める。

キャプテンは商人を真珠で飾るために負債であった、誰、旅行記に融資する貸出金。また、商人は、チェーンを上へ買い手に頻繁にさらに借金があった。

インドとヨーロッパからの高い要求は貿易を継続させた。

1865年に、伝えられるところによれば、湾真珠飾りのセンターで会ったバーレーンが、トゥデイズ・マネーの約£3000万で真珠から利益を得た。

その高さでは、1904-05のうち、産業は£1億以上の価値があった。

しかし、家族および植民地保有国、イギリス、近代化についての抵抗された考えを規定するように、支払いと労働条件は恐ろしいままであった。

それらは、働く新しい方法が社会不安をもたらすのではないかと心配したように見えた。

深海の潜水服のような技術革新を許可することを拒絶して、イギリスは、外交官ヒューBiscoeへ1930年に書いたとして、「人為的な援助を潜水に使用する人は、大きな危険を招く」という考えを広げた。

そのような非妥協的態度は、第二次世界大戦の発生のかなり前に、新しい養殖真珠ビジネスと競争する湾のどんな偶然も絶滅状態にした。

大規模石油生産が1950年代から、急にすべてを変更するまで、極貧であった。
今では考えられないが、では、スーダンが今後、アラブのようになるかと言えば、少し疑問が残る。

アラビアのロレンスが活躍した時代は、このような時間帯である。

大英図書館学芸員マーク・ホッブズ(British Library curator Mark Hobbs)は、この記事のオリジナルの研究に寄与した。

屈曲を回って、英国が大英図書館によって新しくディジタル化されたドキュメントで伝えられて、インドと湾を支配した時期からの一連の物語があある。

あなた自身はアーカイブを調査することができる。

あなたの書類受けに記事を送ってもらうためにBBCのニュース雑誌の電子メール・ニュースレターを予約購読することもできる。
1888-08-16--軍人トーマス・E・ロレンスが生まれた。
1916-06-05---オスマントルコ帝国支配に対して反乱が起こった。
1917-07-06---情報将校ロレンスが、紅海の要塞アカバを奇襲攻撃で落とした。
1932-08-02---イギリスの俳優ピーター・オトゥールが生まれた。
1935-05-19---軍人トーマス・E・ロレンスが死去した。
2013-08-16---アラブの春で,幸せだったことが、どのように悲劇に変わったか?
2013-12-14 ---第1次世界大戦中に引かれた中東の直線的な国境線。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告