on-the-time.jp

2014年10月13日

なぜ古代人は子どもの頭蓋骨を作り変えたか??考古学の混乱!

超過去

BBC Newsは、オーストラリアで見つかった古代の頭蓋骨は、私たちの先祖が頭蓋骨を修正したことを示唆したと報告した。

何人かの人々は今日まだ、それがなぜを行われたか?
コフナ頭蓋骨(Cohuna skull)に関して異常なものがあることを理解するのには、人体解剖学の学位関わりがない。

その扁平で、傾斜する額それは明確に原始的に見、それは明確に原始的に見える。

数十年間、有史以前のコフナ頭蓋骨と他の間には、人間の進化的研究で最も重要な質問のうちの1つに答えることにおける中心的・論争の役割を占めた。
私たちの種(ヒト)はどこから来たか。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

ほとんどの人類学者は、頭蓋骨が人間の発展で、教科書の書き直しを要求しないことに今合意した。
しかし、これは逆説的に、なおさら陰謀術策をめぐらして、それらを作った。

それは、それらが奇妙な外観を発展で、盲目的な手ではなく。人間性をガイドする手に負うことを確認した。

オーストラリアの古代の住民は故意に彼ら自身の頭の形を変えるために世界で最初のものの一つであった。
また、行うことのそれらの動機は恐らくそれらが最初は、見た目ほど奇妙ではなかった。

頭蓋骨は、1925年に、ほとんどオーストラリアのビクトリア州コフナの町の近く(a field near the town of Cohuna in Victoria, Australia, in 1925)で掘り返された瞬間からの論争の源になった。

何人かの研究者は熱心にその奇妙な形を宣言した。
また、そのまわりで外皮を形成する鉱物の寛大なコーティングは、それがそのときすべてで先行したことを示した。
既知の人間の頭蓋骨はしたがって、私たちの最も初期の先祖のうちの1人が所有しているに違いない。

否定的な懐疑論者は地質学上はるかに表面より深いのではなく、最近の層でそれが見つかることを指摘した。

それらはすぐに議論で圧倒した。

真に原始的な古代の人間の頭蓋骨は、この時アフリカのまわりで発見され、オーストラリアでは、それがそこにあったと受け入れたとき、人類学者はその人間が、ずっと昔に発展したことを知った。

コフナ頭蓋骨は明白に異常であった。
また、その変則の形は説明するのが難しかった。
しかし、それは静かに忘れられた。

あるいは、少なくとも、それは一時に忘れられた。

1948年には、最初とほとんど同一の別の頭蓋骨が、コフナ頭蓋骨が見つかったスポットからわずか100kmのナクリー(Nacurrie)の遺跡で発見された。

まるでそれが十分に奇妙でないように、均一なより多くの奇怪な頭がすぐに発見されました。

最も歪んだ「クーブール・クリーク65頭(the Coobool Creek 65 skull)」がナクリーからおよそ30kmで発見された。
そして、1960年代後期に、それの後にコウ・スワンプ(Kow Swamp)と呼ばれているもう一つの近くのサイトでより多くの頭蓋骨が続いた。

そのころはもう、放射性炭素年代測定法を使用して、化石の時代を推定することは可能であった。
コウ・スワンプの標本は約9,000〜13,000年前であった。
その一方で、ナクリーの頭蓋骨は約11,000年前であった。
クーブール・クリーク残りは約14,000年前であった。

ちょうど1920年代の熱狂家が疑ったように、これは化石を有史以前にした。

しかし、またアフリカで見つかった人間の化石が間に3〜400万年の日付を持たれたとともに、懐疑論者は正確でした、古い
近代人のすべての特徴を備えた頭蓋骨が160,000年ほど古い岩で見つかるので、私たちの種(ヒト)さえ快適に奇妙なオーストラリア人に先行している。

しかし、オーストラリアの頭蓋骨の時代は問題を提起した。

それらの特殊な扁平で、傾斜する額は、それは200万および140,000年前に間に生きていたと呼ばれる古代の人類ホモ・エレクトス(Homo erectus)に非常に似ていた。

なぜオーストラリアの頭蓋骨は、この死んで久しい種のようにそれほど不気味に見えたのか?

何人かの研究者によれば、ホモ・エレクトスは、まで、10,000年前と同じくらい最近まで、オーストラリアに住んでいたに違いないという明白な説明があった。

他のものは、南東アジアおよびインドネシアのホモ・エレクトスが徐々に活動しているプロセスの奇妙な頭蓋骨証拠と共に今日の固有のオーストラリア人へ発展したと主張した。

この考えは、人類の起源用の多重地方理論としばしば呼ばれるものと調和している。
また、それは、直接近代人の起源に対する別の主な考え。アフリカ理論と矛盾する。

多重地方分権主義者は、アフリカ、ユーラシアおよびオーストラリアに住んでいる古代のホモ・エレクトス人口から人類が発展したことを示唆している。

アフリカからの支持者は、アフリカで徐々に発展した近代人が約60,000年前にそこか世界中に広がると主張する。

今日、ほとんどの研究者が賛成するアフリカ・モデルから、最小でない、私たちの遺伝子がすべてを示唆するので、人間の実践は、約60,000年前にアフリカまでそれらの祖先をさかのぼるかもしれない。

しかし、いくつかの多重地方分権主義者は残り、オーストラリアのシドニーにあるニューサウスウェールズの大学ダレン・クルネー(Darren Curnoe at the University of New South Wales in Sydney, Australia)が、異常なオーストラリアの頭蓋骨のそれらの理論を立証する重要な標本であると言った。

ダレン・クルネーは、コウ・スワンプ頭蓋骨のいくらかの最初の研究の後に、オーストラリアで多重地方理論のバージョンを彼自身以前主張したが、もはやない。

彼は「私がダマスカス瞬間への道を持っていたと言う。」また、彼は、頭蓋骨は奇妙な外観にもかかわらず人類に属すると今は考えている。

「いわゆるエレクトスのような特徴は実際に全くエレクトス特徴ではありません。」
ホモ・エレクトスおよびオーストラリアの頭蓋骨が両方とも傾斜した額および顕著な額尾根を持っていたが、そこで、類似性が終了する、とダレン・クルネーは言うのは真実である。

ちょうど今日の人間が行うように、異常なオーストラリアの頭蓋骨が狭く、大きな頭蓋がある間、ホモ・エレクトスに広い頭蓋骨および小さな頭蓋があった。

これはそれを高度にありそうもなく作り、それらの扁平な額は古代のホモ・エレクトス遺伝子によって形作られた。そしてはるかに恐らく、それらは、人間の手によって実際に彫刻された。

「当然狭い頭蓋骨と結合して、人工変形により平坦の中で誇張される額を持っていれば、あなたは大げさな額尾根で終わります。」とダレン・クルネーが言った。

「それはまさに私たちがオーストラリアの頭蓋骨で見るものです。」
オーストラリアの頭蓋骨が人為的に変形されたという考えは、1970年代中頃に最初に示唆された。

過去40年にわたって、その考えは徐々に主流視界になった。

頭蓋骨の所有者が年齢に12か月の下の幼児だった時、変形が生じる。

私たちの頭蓋骨は、この期間に柔軟である。
したがって、親あるいは他の大人は、その成長軌道をコントロールするためにマッサージするボード、包帯あるいは規則的な頭を使用することができる。

こんな操作で、それを遺伝学に取り込むと、混乱が発生する。

実は、私の頭も寝かされ方が、一方に偏っていたんで、右の後頭部の形が扁平になっている。
こんなのを文化人類学や解剖学で語ってはいけない。

それは、発掘された遺物を捨て、後にそれが発見され、その関係性をこじつけて、大混乱の古代史になるのと似ている。

また、昔、日本の考古学者がやたらに新発見を報告し、調査した結果、その考古学者が他からの遺物を埋め、発見したように報告し、日本の考古学を根底から見直すことになったこともあった。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。