on-the-time.jp

2014年10月13日

フランスの銀行は、TwitterをP2P支払いに使用。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、フランスで2番目に大きな銀行Groupe BPCEは、ユーザーが互いへの金銭をTwitterに投稿することを可能にするサービスを始めたと報告した。

Groupe BPCEは、クレジットカードとTwitterアカウントを持ったフランスの誰でもその新しいサービスで他のユーザーのもとへ無料で金銭を送ることができると言った。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

サービスは、モバイルの財布を提供する銀行の電子マネー子会社S-moneyによって開発された。

Groupe BPCEは、そのようなサービスを提供する最初の銀行グループであることを主張している。

ユーザーは、TwitterによってP2P支払いを送るためにBPCE取り引きを持つ必要はない。

また、それらも受取人の銀行口座詳細を入力する必要もない。

では、どこで利益を得るのか?

それはTwitterフランスのCEOからの有望な相場を含んでいるとして、先月最初に発表が行なわれた。

ソーシャル・ネットワークは、ますますそれらがユーザーに提供するかもしれない追加サービスとしてP2P支払いに直面している。

それはP2P支払いをもっと考慮するように見えるが、Facebookは、新興市場へ壊れる手段として同様の動きを研究している。

別々に、Twitterはmコマース市場の初期段階として米国で購入ボタンをテストしている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。