gaYa広告

2014年10月13日

フランスの銀行は、TwitterをP2P支払いに使用。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、フランスで2番目に大きな銀行Groupe BPCEは、ユーザーが互いへの金銭をTwitterに投稿することを可能にするサービスを始めたと報告した。

Groupe BPCEは、クレジットカードとTwitterアカウントを持ったフランスの誰でもその新しいサービスで他のユーザーのもとへ無料で金銭を送ることができると言った。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

サービスは、モバイルの財布を提供する銀行の電子マネー子会社S-moneyによって開発された。

Groupe BPCEは、そのようなサービスを提供する最初の銀行グループであることを主張している。

ユーザーは、TwitterによってP2P支払いを送るためにBPCE取り引きを持つ必要はない。

また、それらも受取人の銀行口座詳細を入力する必要もない。

では、どこで利益を得るのか?

それはTwitterフランスのCEOからの有望な相場を含んでいるとして、先月最初に発表が行なわれた。

ソーシャル・ネットワークは、ますますそれらがユーザーに提供するかもしれない追加サービスとしてP2P支払いに直面している。

それはP2P支払いをもっと考慮するように見えるが、Facebookは、新興市場へ壊れる手段として同様の動きを研究している。

別々に、Twitterはmコマース市場の初期段階として米国で購入ボタンをテストしている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。