2014年10月13日

コペンハーゲンの自転車乗り捨てゴミ問題。

経済

日本でも、駅前などに大量の乗り捨てられた自転車のゴミが歩行の妨げになっているが、BBC Newsは2014年10月13日にコペンハーゲンは、サイクリストの国であるとして、世界の本場のうちの1つである。
しかし、最近下降があり、何千もの駐車された自転車は、時々、コントロールできなくなると報告している。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

今年、コペンハーゲンが、その湾を横切った新しい2つのレーンおよび自転車のみのブリッジCykelslangen(サイクル・ヘビ)()を得た時、都市はさらにサイクリストの楽園であることに接近してじりじり動いた。

それは、サイクリストのために設計された都市のただ一つのブリッジではなく、harbourfront上で、散歩する歩行者に特異なサイクリストを得て、それは愉快な方法でのたく回った。
また、それは大きく見えた。

自転車で通勤する都市居住者の数は50%以上である。
また、都市の郊外でcommuteを41%始め、アドインで人々が、仕事のそれらの場所に着く場合さえ、最近の調査はそれを示唆した。
あるいは、研究は、そのパワーを走らせるために感謝した。

約600,000人の都市の人々のために、自動車の5倍分の自転車と、自動車または歩行者と共有されなかった400kmのサイクル・レーンにより、コペンハーゲンにはさらに自転車が実際ある。

もし、より多くの考えが、乗り手が降りる場合、起こることがなければ、これにはより清潔な空気と、フィジカル・フィットネスのような多くの明白な利点がある。

サイクル駐車はここで修羅場である。

外部の主な列車駅で、ラックのまわりで房になったたくさんの自転車は、それらが法から実行で、誰かによって投げ下ろされたように見える。

他のところで、自転車は、歩行者スペース、店とレストランの入り口を占め、舗道上でしばしば任意に駐車され閉鎖する。

多くの非サイクリストにとって、それは焦燥の一定の源である。

30代の非サイクリストニールス・ジャーラー(Niels Jarler)は、週末をコペンハーゲン中部で彼のアパートに入れる道路で、舗道は取り乱され、彼がしばしば歩かなければならないと言っている。

「それは実際に激怒させている。

「私は、彼らが不足したところならどこでも、コペンハーゲンのサイクリストは常に駐車したと思う。しかし、人口が急速に増えている現在は、多くの問題になった。」と彼が言う。

「都市プランナーは、地方レベルで駐車するサイクルが実際に適切に考えていない。」
窃盗の危険は、自転車が昨年、都市でほとんど18,000台が盗まれた。自転車所有者はめったに何かに自転車をつながない。

多くの場合、それらは別のものに対するちょうど積み重ねられたものと同じである。

「私は地味な古い自転車に乗る。また、私はそれをここまで盗まれたことがない」と学生アントン・ピルマーク (Anton Pilmark)が言う。

「私は、数の中の安全性に頼っている。」
あなたの自転車が得られるものである低い見込みがあることをこれは意味しているかもしれないが、濃厚なWebからのあなたの信頼できる馬を解くことはしばしば莫大な量の忍耐を要する。

人々は週末の間彼らの自転車をしばしば残すコペンハーゲンの中央駅の外で、多くのサイクリストはたくさん食事をする。
陶芸家カーステン・ヘホルト(Kirsten Hoeholt)は「十分なスペースはちょうどない」とが言う。

「それが問題であるのは、ここだけではない。それは町のすべてある。我々はよりよい駐車施設を必要とする。」
もう一人のサイクリストは、自転車のための場所を見つけようと、彼女が努力したと伝えた。

等しく、もしどこにそれを残したかあなたが正確に思い出さなければ、クラスタの中のあなたの機械を見つけることは巧妙かもしれない。

都市のサイクリストの95%がサイクリストのための条件に全体として満足しているが、サイクル駐車施設に満足であるが1996年の40%から29%に下降した。

デザイン会社Copenhagenizeのミカエル・コルヴィル-アンダーセン(Mikael Colville-Andersen, of the Copenhagenize Design Company)によれば、サイクル駐車は、これから勝つために循環にやさしい都市が持っている「最後の大きな稜堡」である。

結局行政の対応不足と、エチケット、さらにリサイクルだろう。

ただし、この問題は東京でも起こっているので、先進国のどこでも起こっていることだろう。

コペンハーゲンの中央駅(Copenhagen's central train station)のGoogle Earthポインター情報
55°40'19.6"N 12°33'55.4"E
または、
55.672106, 12.565397

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト