2014年10月13日

国連のヘルスワーカーはドイツの病院でエボラにより死亡。

モバイル・マネー美容と医学の科学政治経済観光宗教

BBC Newsは2014年10月14日に、エボラに感染したUN(United Nation/国連)の医療労働者は、ドイツの病院で2014年10月13日に死亡したと報告した。

ライプチヒの病院の医者(Doctors at the hospital in Leipzig)は、スーダンから56歳の人は、ウィルスを扱うために受信実験的薬剤にもかかわらず死亡したと言った。

4,400人以上が主として西アフリカで発生で死亡した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

「震央」エリアのうちのいくつかでの新しいケースの割合が遅くなったとWHO(World Health Organization/世界保健機構)は言った。
しかし、最も汚染のひどい国々の首都のケースの数は上昇している。

WHOの上級職員ブルース・エールワード(Bruce Aylward)は、シエラレオネ(Sierra Leone)、リベリア(Liberia)およびギニア(Guinea)の首都で新しい地区へ発生がさらに地理的に広がり続けていると月曜日のリポーターに伝えた。

他のところに:
米国とイギリスは空港での走査を導入した。

スペインの看護師で、国連エボラ使命リーダーのトニー・バンベリー(UN Ebola mission leader Tony Banbury)は改良のサインがあると言っているが、先週、アフリカの外部でエボラにかかる、最初の人になった後に、危篤状態である。

政府からの大規模な支援が世界的にあると医者は言い、「私たちはすべてを必要とします。私たちはそれをどこでも必要とします。また、私たちはそれを猛スピードで必要とします。」と言っている。

多くの人が日本には関係ないと思っているが、それは米国のダラスのように、突然襲ってくる。
日本は、国際国家になったことから、いつ突然襲われるか判らない。

そしていつか、きっとエボラは日本にもやって来る!

ライプチヒで死んだ人は、エボラを捕らえた時、最悪の影響を受けた国々のうちの1つリベリアで国連の医学役人として働いていた。

彼は2014年10月09日木曜日、処理のためにドイツに着き、エアロック・システムによってアクセスされて、密閉し、密封した監視に入れられた。

ライプチヒの聖ゲオルク病院(St. George Hospital, Leipzig)からのステートメントが「集中的な医学的処置と医療チームによる最大の努力にもかかわらず、56歳の国連の従業員は重篤な感染症に倒れた」と言った。

しかし、実際には未承認の薬を与え、見守るしか方法がない。

彼は、リベリアでエボラ・ウィルスで死んだ国連のチームの2人目だった、とBBCのジェニー・ヒル(Jenny Hill)がベルリンで言った。

彼は、さらに西アフリカでその病気にかかった後にドイツでウィルスのために治療される、3番目のエボラ患者だった。

セネガルのエイドワーカーが5週間の治療の後にハンブルクの病院から退院した一方、もう1人の患者でシエラレオネで感染したウガンダの医者はまだフランクフルトの病院の治療を受けている。

WHOは、その病気にさらされたヘルスワーカーの数によって警報を発したと言った。

WHOは、流行病が社会の「まさにその存続」を脅かし解体国家に結びつくかもしれない、と警告した。

ライプチヒの聖ゲオルク病院(St. George Hospital, Leipzig)のGoogle Earthポインター情報
51°23'04.8"N 12°22'43.7"E
また、
51.384661, 12.378800

1995-05-21---エボラ出血熱で101人が死亡したと発表した。
2002-11-16---最初のSARSはに、中国の広東で発見された。
2005-10-05---SARSの感染源は蹄鉄コウモリ(Horseshoe bats)!
2009-04-30---成田の機内で、パンデミックが起こるところであった。
2009-05-01---カナダを訪れていた高校生が、「H1N1」の「疑い症例」が発生と発表。
2009-05-09---米国、カナダの出国時の感染確認は、どうなってるのだ!
2009-05-17---インフルエンザ・シミュレーションで明らかになった対応の悪さ!
2009-06-03---米国のインフルエンザに対する対応と反省点、改良点。
2009-08-17---米国の紙幣の90%は、コカイン吸引で使用されていた。
2009-09-21---米国の危険な病原体の管理体制が確実ではなかった。
2011-12-17---ブルース歌手のセサリア・エボラが死去した。
2012-07-30---ウガンダで蔓延した致命的なエボラ・ウイルスの脅威!
2012-08-18---エボラ・ウイルスは、DRコンゴの町Isiroを攻撃!
2014-04-01---なぜ、エボラはそれほど危険か!?
2014-05-26---シエラレオネは、エボラ発生で最初の死を確認。
2014-06-23---西アフリカのエボラ出血熱、「もはや制御不能」
2014-07-08---米国政府の収納室で、天然痘の忘れられたガラス瓶が見つかった。
2014-07-11---CDCは、過去十年間で不適当に5つの危険な病原体を送った。
2014-07-16---さらに米国政府施設で、デング熱ウイルスなど薬瓶327本が見つかった。
2014-07-17---1976年にエボラ熱を発見したウィルス探偵医師団。
2014-07-29---エボラ発生で、リベリアはフットボールを保留。
2014-08-02---エボラ菌感染者、アメリカ合衆国に上陸。
2014-08-21---エボラ感染で治療を受けた米国の医者、病院から退院。
2014-08-22---中国でエボラ検査キットがリリースされた。
2014-08-22---セネガルは、エボラ現場への通過点防御で、国境閉鎖。
2014-08-23---今度は、イギリス人がシエラレオネで、エボラ感染確認。
2014-08-25---実験的薬剤ZMapp投与にもかかわらず、エボラの医者は死亡!
2014-09-02---エボラは3062人に感染し、現在の1552人が死亡した。
2014-09-02---国境なき翻訳者は、エボラを引き受けた。
2014-09-09---オクスフォード研究は、さらに15カ国で、エボラ接触の危険性があると予言。
2014-09-12---病院は、秘密のエボラ治療に、ベン&ジェリーズを使用。
2014-09-12---エボラ感染でロンドンに空輸された医師は、完治したのでアフリカに帰る!
2014-09-23---リベリアは、開発援助の代わりに、森林破壊を止める。
2014-09-24---エボラの現状。
2014-09-24---疾病コントロール・センターの最悪のシナリオは、エボラが1月までに140万に達する。
2014-09-26---西アフリカのエボラによる死は3,000人を越えた!
2014-09-30---ブリズベーン医者、エボラ発病の恐怖を語る!
2014-10-01---米国でエボラと診察された最初の患者、病院のミスで帰宅。
2014-10-02---エボラの危険から、国境を閉鎖している国々。
2014-10-03---米国はエボラ「接触」で、100人をモニターしている。
2014-10-04---ドイツとフランスのエボラ感染医療従事者、回復。
2014-10-05---エボラ感染から死まで!
2014-10-06---エボラ生還者が協力するエボラ治療訓練施設。
2014-10-06---米国は、エボラで空港チェックを考慮し始めた。
2014-10-08---エボラ感染患者の飼い犬、助命嘆願むなしく殺処分。
2014-10-08---米国の医療で汚点!エボラ患者のトマス・ダンカンが、米国の病院で死亡。
2014-10-09---エボラの挑戦は、エイズ以来最大。奴隷時代以降で、最大の黒人が死んでいる。
2014-10-09---スペインの看護師テレサ・ロメロは、悪化!
2014-10-11---ニューヨークのJFK空港はエボラ・チェックを開始。
2014-10-11---ジャーナリストは、どのようにエボラと戦って取材するか?
2014-10-12---米国でも、エボラの国内感染が発覚。
2014-10-13---エボラ感染の国連職員、ドイツのライプチヒで死亡。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト