2014年10月13日

エボラ感染の国連職員、ドイツのライプチヒで死亡。

モバイル・マネー美容と医学の科学政治経済観光宗教

AFPは2014年10月14日に、ドイツ東部ライプチヒ(Leipzig)の病院は2014年10月14日に、西アフリカでエボラウイルスに感染し、治療のため前週ドイツに到着したUN(United Nation/国連)職員が前夜、死亡したと発表した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ライプチヒの聖ゲオルク病院(St. George Hospital, Leipzig)によれば、死亡したのは56歳の国連職員で、地元保健当局は前週、患者はスーダン人の医師で、リベリアから2014年10月09日にドイツに到着したと報じていた。

ドイツではこれまで他にシエラレオネで感染したエボラ出血熱の患者2人を受け入れている。1人はセネガル人の医療専門家でハンブルク(Hamburg)で治療を受け、2014年10月04日に退院した。もう1人はウガンダ人の医師で現在フランクフルト(Frankfurt)で治療を受けている。

先進国に送られ、助かる人と、死亡する人がいる。
何が、どう違うというのか?

未承認の薬も、その利用法が公開されていない。
また、情報の公開にも一貫性がない。

WHO(World Health Organization/世界保健機構)は、毎週1,000人の新しい感染者が見つかり、もうすぐ死亡者が10,000人を越えると行っている。

ライプチヒの聖ゲオルク病院(St. George Hospital, Leipzig)のGoogle Earthポインター情報
51°23'04.8"N 12°22'43.7"E
また、
51.384661, 12.378800

1995-05-21---エボラ出血熱で101人が死亡したと発表した。
2002-11-16---最初のSARSはに、中国の広東で発見された。
2005-10-05---SARSの感染源は蹄鉄コウモリ(Horseshoe bats)!
2009-04-30---成田の機内で、パンデミックが起こるところであった。
2009-05-01---カナダを訪れていた高校生が、「H1N1」の「疑い症例」が発生と発表。
2009-05-09---米国、カナダの出国時の感染確認は、どうなってるのだ!
2009-05-17---インフルエンザ・シミュレーションで明らかになった対応の悪さ!
2009-06-03---米国のインフルエンザに対する対応と反省点、改良点。
2009-08-17---米国の紙幣の90%は、コカイン吸引で使用されていた。
2009-09-21---米国の危険な病原体の管理体制が確実ではなかった。
2011-12-17---ブルース歌手のセサリア・エボラが死去した。
2012-07-30---ウガンダで蔓延した致命的なエボラ・ウイルスの脅威!
2012-08-18---エボラ・ウイルスは、DRコンゴの町Isiroを攻撃!
2014-04-01---なぜ、エボラはそれほど危険か!?
2014-05-26---シエラレオネは、エボラ発生で最初の死を確認。
2014-06-23---西アフリカのエボラ出血熱、「もはや制御不能」
2014-07-08---米国政府の収納室で、天然痘の忘れられたガラス瓶が見つかった。
2014-07-11---CDCは、過去十年間で不適当に5つの危険な病原体を送った。
2014-07-16---さらに米国政府施設で、デング熱ウイルスなど薬瓶327本が見つかった。
2014-07-17---1976年にエボラ熱を発見したウィルス探偵医師団。
2014-07-29---エボラ発生で、リベリアはフットボールを保留。
2014-08-02---エボラ菌感染者、アメリカ合衆国に上陸。
2014-08-21---エボラ感染で治療を受けた米国の医者、病院から退院。
2014-08-22---中国でエボラ検査キットがリリースされた。
2014-08-22---セネガルは、エボラ現場への通過点防御で、国境閉鎖。
2014-08-23---今度は、イギリス人がシエラレオネで、エボラ感染確認。
2014-08-25---実験的薬剤ZMapp投与にもかかわらず、エボラの医者は死亡!
2014-09-02---エボラは3062人に感染し、現在の1552人が死亡した。
2014-09-02---国境なき翻訳者は、エボラを引き受けた。
2014-09-09---オクスフォード研究は、さらに15カ国で、エボラ接触の危険性があると予言。
2014-09-12---病院は、秘密のエボラ治療に、ベン&ジェリーズを使用。
2014-09-12---エボラ感染でロンドンに空輸された医師は、完治したのでアフリカに帰る!
2014-09-23---リベリアは、開発援助の代わりに、森林破壊を止める。
2014-09-24---エボラの現状。
2014-09-24---疾病コントロール・センターの最悪のシナリオは、エボラが1月までに140万に達する。
2014-09-26---西アフリカのエボラによる死は3,000人を越えた!
2014-09-30---ブリズベーン医者、エボラ発病の恐怖を語る!
2014-10-01---米国でエボラと診察された最初の患者、病院のミスで帰宅。
2014-10-02---エボラの危険から、国境を閉鎖している国々。
2014-10-03---米国はエボラ「接触」で、100人をモニターしている。
2014-10-04---ドイツとフランスのエボラ感染医療従事者、回復。
2014-10-05---エボラ感染から死まで!
2014-10-06---エボラ生還者が協力するエボラ治療訓練施設。
2014-10-06---米国は、エボラで空港チェックを考慮し始めた。
2014-10-08---エボラ感染患者の飼い犬、助命嘆願むなしく殺処分。
2014-10-08---米国の医療で汚点!エボラ患者のトマス・ダンカンが、米国の病院で死亡。
2014-10-09---エボラの挑戦は、エイズ以来最大。奴隷時代以降で、最大の黒人が死んでいる。
2014-10-09---スペインの看護師テレサ・ロメロは、悪化!
2014-10-11---ニューヨークのJFK空港はエボラ・チェックを開始。
2014-10-11---ジャーナリストは、どのようにエボラと戦って取材するか?
2014-10-12---米国でも、エボラの国内感染が発覚。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。