on-the-time.jp

2014年10月13日

猫狩り禁止法案に猟師ら反発。

自然

AFPは、ドイツの猟師たちが、野生の猫の狩猟を禁止する法案に猛反発していると報告した。
猟師らは、猫の殺処分が鳥やげっ歯類の保護につながると主張している。

猫がネズミを捕ってはいけないというのは、おかしい!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ドイツ西部のノルトライン・ウェストファーレン(Nordrhein-Westfalen/North Rhine-Westphalia)州の狩猟者連盟(Ärger der Waidmänner)は、猫の殺処分は環境保護の見地から認められるべきだと主張した。連盟のホームページで、野生の猫1匹が殺す鳥は年間で「最大1000羽」と指摘している。

しかし、ノルトライン・ウェストファーレン州では年内にも、猫を狩猟対象とすることを禁止する法案が議会に提出される予定になっている。
ノルトライン・ウェストファーレン州の環境保護当局によると、1930年代に施行された現行法の下では、住宅から200m以上離れた場所や、野生の動物が生息している野原や森での猫の狩猟が認められている。
だが環境保護当局は、猫がもたらす損害は「この法律を正当化するものではない.」と主張している。

法改正は、ノルトライン・ウェストファーレン州の猫たちにとっては朗報である。
環境保護当局の報道官がAFPに明らかにしたところによると、昨年の狩猟シーズン中に殺処分された猫は「8000匹近く」に上ったといっている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告