gaYa広告

2014年10月02日

タール坑に落ちた犬は、救出された。

自然

BBC Newsは、インドの都市ウダイプル(Udaipur)のチャリティーは、動物のまわりで凝固した熱いタールのプールに陥った捨て犬を救うために、その後、どのようにしたかを写真で説明した。

ウダイプルと言えば、鉄道のチャイ屋の息子ナレンドラ・モディ首相(Prime Minister Narendra Modi)の故郷である。

動物援助Animal Aid Unlimitedの共同創立者クレア・エイブラムス(Claire Abrams)はBBCに、タールはコンテナーから漏れたと、BBCに伝えた。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

彼女は、「タールと石で、彼が移動することができなかったように激しかった。」と言った。

犬は8月後半に見つけられた。
しかし、回復した後にだけ、チャリティーは、救助の詳細を公表した。

苦境にある動物を救う民間の組織Animal Aid Unlimitedは、その犬を見つけた倉庫の従業員によって呼ばれた。

「私たちは救急車を送りました。また、救助者はどうにか彼を引き上げ、彼を私たちの保護へ連れて来ました。」とエイブラムスが言った。

タールの厚い層は彼の全身および彼の顔の多くをカバーしていた、とエイブラムスさんが話した。

「私たちは、彼の目が前後に慌てふためいて突進するのを見ることができた。しかし、そうでなければ、彼は筋肉を動かすことができません。」と彼女が付け加えた。

グループからの4人のボランティアが、タールを削除するために植物油で犬をマッサージし始めた。

約2時間の摩擦の後、犬はほぼ90%清潔で、「私たちが彼を浸すことができた」、とエイブラムスが言った。

ボランティアは、その後に休憩をとることを決定したので「貧しい犬は衝撃を受けました。」
より多くを溶かして入浴するセッションが、残りのタールを取り除く次の数日間必要で、5日間試みられた、。犬から「タールが全く消えました。」
「私たちは、彼が彼の話を公開する前に完全に回復するのを待っていました」とエイブラムスが言った。

「私たちは、彼のコミュニティーへ戻し、解放しました。」と彼女が付け加えた。

これに似たことは、海岸に漂着した原油の漏洩で汚れた海鵜やカモメなどを見たが、これほどではなかった。

この犬は、見つかったとき、まるで石である。

インドの都市ウダイプル(Udaipur)のGoogle Earthポインター情報
24°34'48.0"N 73°40'48.0"E
または、
24.580000, 73.680000

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。