on-the-time.jp

2014年09月14日

11歳の少女は、学校で9/11のTシャツを着用しないように命じられた。

FoxNews.comは、米国の退役の継娘はは学校で、2001年09月11日の同時多発テロ攻撃の中で死んだ男性および女性を尊敬するTシャツを着用することを認められなかった先週伝えられた。

CBS 13によれば、ティム・フォスター(Tim Foster)は、もしTシャツを着ていれば彼の11歳の継娘は6番目の等級にいる服装規定(sixth-grade, would be violating the dress code)を破るだろうとオレンジヴェイル学校組織(the Orangevale school system)の管理者によって伝えられた。
家族は毎年、攻撃以来それを着用して来ている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

シャツは、その日、一対のタワーの形の中で彼らの生命を失った人々の名前をリストしていた。

私たちは「9/11、および死んだすべての人々の上で起こったこと、およびその日に変えられた生活を尊敬するためにそれを着用している。」と、イラクへ2回の出兵を含めて、ほぼ25年として任務についているフォスターが、ステーションに伝えた。

しかし、フォスターの娘は、この前の木曜日攻撃の13周年記念および管理者にシャツを着用することを認められなかった、彼女が、一定の学校の名前とロゴのついたTシャツを着なければならなかったと言った。

フォスターは、彼が学校の政策を理解すると言ったが、職員がその日の重要性を理解し、記念のTシャツを彼女が着用をできることを望んでいた。

地区スポークスマンのトレント・アレン(Trent Allen)は、自由な服日にそれらの制服以外の覆うことを着用するのを単に学生が認められると言った。
また、9月11日は厄日ではないと言っている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。