gaYa広告

2014年09月14日

世界一、シンガポールの熱帯魚屋「Kenny the Fish」は、養豚からの転身。

経済自然

BBC Newsは、シンガポールのMr Fishと呼ばれている有名な熱帯魚屋「Kenny the Fish」の最高経営責任者ケニー・ヤップ(Kenny Yap)は、「I'm a big fish in a small pond(私は井の中のカワズです。)」と言っている。

彼はニッチ・ビジネス(niche business)の一つとして、自ら宣言し、魚との取り引きを実行している。

しかし、彼が売り出し中で、輸出している1,000種類程度の魚は、食べられるのが目的ではない。

それらは、世界中の80カ国以上の水族館や水槽に送られる鑑賞用の魚であると報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

輸出品は、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシアおよび中国などの多くの国々へ、彼の会社チエン・フー株式会社(Qian Hu Corporation)から送り届けられる。

自分を他の小さな魚で、泳がなければならない小さな魚と呼んで、ケニーは、4人の兄弟と2人のいとこの支援なしでは事業を営むことができなかったと言った。

彼の父親とおじによって始められたビジネスは、20年以上で鑑賞用魚の主要な輸出者のうちの1人への破綻の近くから、世界で変形した。

この一部は、ケニーの疲れない自己宣伝によって達成された。

シンガポールの彼の会社で、何百もの雑誌、新聞記事が彼と彼のビジネスを顕著に特集するところで、ピンボードによって側面を広告で満たされて、池は、守られている。

さらに、彼が呼ばれて、アジアの起業家精神について書いた本「What the Fish, The Makings of an Asian Entrepreneur」のカバー上で裸になって、魚と彼はポーズしている。

シンガポールは、小規模にもかかわらず、鑑賞用魚のトップ輸出者のうちの1つである。

それは、現在輸出で、世界の供給の20%以上を占め、ケニーのチエン・フーは約5%を占めると思っている。
また、彼には、約5年でそのシェアを2倍にする大がかりな計画がある。

彼の父親とおじは養豚家として始めたが、豚で起こすことが1980年代にシンガポールの政府によって汚染する産業と呼ばれた時、彼らの焦点を変更しなければならなかった。

そこで、ビジネスは、養豚から鑑賞用魚に代わった。
それは必ずしも容易だとは限らなかった。

既に、蚊幼虫を食べ尽くすために植民地時代に英国人によって開始されたグッピー(guppy)はポピュラーな魚だったとケニーは言う.。

1989年には、長期間の雨が降り続き、グッピーが育てられた池は氾濫し、すべての魚が逃げてしまった。
任意のアジア人のように、土占い師(風水教師)に依頼し、池をどこに作るべきかを占った。

占い師は、1000の湖を意味するチエン・フーに私たちの名前を変更するよう助言した。
湖は水で満たされr。
また、広東語では、「富」を意味する。

また、友達のアドバイスに従って、グッピー・エピソードの後に、ケニーと彼の兄弟は直後に、四川省からのポピュラーな魚を生じさせることを決定した、ハイ・フィン・ドジョウ(high fin loach)を仕入れた。

しかし、この魚は雑音に非常に敏感だったことを知らなかった。
それらの農場で新しいタンクを建造することからの騒音は4,000匹の魚の全ストックを死なせた。

ほとんどロスによって破産したが、それは製品を多様化させて研究する重要性を学習した。

ハイ・フィン・ドジョウは、その価値のあるレッスンの注意として役立つために今チエン・フーのロゴになっている。

今研究開発がビジネスの非常に重要な部分を構築する。

シンガポールのスペース制約から、会社が生じさせることができる魚の数を増加させる方法を調査する。
そのため、チエン・フーは研究頭を雇用した。

「次世代養魚場」として呼ばれて、革新はケニーの成長戦略の重要な部分である。

彼のシンガポールの漁場で、チエン・フーによって特に開発されたタンクは、4列で積み重ねられている。

それらは、タンク上に固定したパイプの複合ネットワークにより、毎時間、真水が供給される。

それらでは、泉水の中でそれらを維持する収集者に人気のある何百もの金・オレンジの鯉あるいはアジア鯉(Asian carp)が泳いでいる。

初め、タンクは、魚で混雑し、かつ通常より稠密にパックされたように見える。

しかし、ケニーは、これが魚が受け取る真水の一定の供給、およびそれらが水のより小さなボリュームの中に魚の高密度を保持することができるように、設計された濾過作用浄水システムにより素晴らしいと言っている。

それらはこれによって3倍の生産性を押し上げることができた。

たとえ、会社がスペース制約に直面しなくても、その上で、はるかに大きな中国、タイ語、マレーシア・インドネシアの養魚場と様に、これらの養魚場での出力を増強するこれらのタンクとシステムを輸出している。

シンガポールの養魚場は会社旗艦のままである。

そこで、魚を買う顧客は、さらに魚鉱泉地へ入って行くことができる。Garra rufaあるいは医者魚(doctor fish)と呼ばれる小さな魚は、一連の池で、人間の足の上の死んでいる皮膚およびカルスを食べることを大いに楽しむことで満たされた。

温泉療法としてのこれらの魚の使用は広く討議されている。
しかし、ここでは、わずかな料金で、足を洗い、タオルをつかみ、それらを池に足を漬けて、それらの不安定な小さなかみ切った一片に耐えることができれば、柔軟なカルスなしの足でを出現することができる。

チエン・フーはシンガポールで良く知られている名前になったかもしれない。しかし、将来は、ケニーが挑戦なしではないと言っている。

ビジネスの大きな部分は魚タンク付属品を製造し、販売することである。

プラスチック原料の高くなるコストは、養殖飾りとしてさえ近年利益を腐食した。

しかし、ケニーは楽観的である。
「魚に費やされた毎ドルについては、誰かが、通常水族館付属品および魚肉でUS$1〜5を費やすでしょう。」
「そのような小さな隙間産業については、私は、世界のNo.1である機会を得ている。

2014-05-14---シンガポールは世界の最新ファッションの新しいハブですか?
2014-04-06---シンガポールのコーヒー王アドリン・ロイ。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告