on-the-time.jp

2014年09月14日

サムソンは、見本市直前にライバルLGが、洗濯機を店で破壊したと起訴。

経済

BBC Newsは、韓国の巨人サムソン(Samsung)とLG(Lg Electronics Inc)という、韓国人同士の間で、奇妙な小競り合いが発生したと報告した。

また、サムソンは、自社製品を破壊したことで、そのライバルを起訴した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

サムソンは、LG電子の従業員で、一人の取締役が、ドイツの店のいくつかの洗濯機を故意に破壊するがを見られた、と言った。

サムソンは、破壊行為が今月の初めにベルリンで開催された主なエレクトロニクス貿易見本市に先立って起こったと言った。

LGは、2台の機械が破損されたが、それは偶然に行われたと言った、と受け入れた。

それは、モデルの要点が弱かったので損害が生じたと言った。

LGは、その幹部がそのライバルの品物を検査して、2台だけは検査の間に破損されたが、それが1店で4台の機械の代価を払うことを申し出た、と言った。

ドイツの警察は、含まれていた関係者を既に尋問した。

サムソンは声明で、
「高位の幹部が国の法的権限によって調査されることをサムソンが要求しなければならなかったことは非常に不運です。しかし、この事件の真相を究明しなければならないと私たちが結論を下したので、これは避けられませんでした。」と言った。
それは、ソウルで検察官に調査してくれるように依頼した。

サムソンの調査リクエストで指名された人々のうちの1人は、LGスポークスウーマンで、会社の家電部門のトップのジョウ・ソン-ジン(Jo Seong-jin)であるとロイターに伝えた。

LGは声明で、
「もし私たちの会社に、他社の製品のイメージを汚す、ある会社の製品を破壊する意図があれば、それは私たちの幹部を直接持たないことが常識になるでしょう、そのような法律を行ないます。」
「私たちは、これが私たちの評判を破損する試みではないことを望みます。」と言った。

2つの会社は、電話とテレビを含む多くの異なる市場で競争する猛烈なライバルである。

LGは、洗濯機の世界最大のメーカーで、サムソンが、2番目に大きいことを主張している。
BBCのソウルの特派員スティーヴン・エヴァンス(The BBC's Seoul correspondent, Stephen Evans)は、「過去に、LGとサムソンはスマートフォン、テレビ、冷蔵庫およびエアコン上に互いに直面しました。洗濯機は世界的な戦いで新しい正面です。」と言った。

他社の製品に近づかないのが常識で、それに、店などで近づいて検査までしたと言うことは、LGと言う会社のうさんくささが表面化したと言える。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。