2014年09月14日

サムソンは、見本市直前にライバルLGが、洗濯機を店で破壊したと起訴。

経済

BBC Newsは、韓国の巨人サムソン(Samsung)とLG(Lg Electronics Inc)という、韓国人同士の間で、奇妙な小競り合いが発生したと報告した。

また、サムソンは、自社製品を破壊したことで、そのライバルを起訴した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

サムソンは、LG電子の従業員で、一人の取締役が、ドイツの店のいくつかの洗濯機を故意に破壊するがを見られた、と言った。

サムソンは、破壊行為が今月の初めにベルリンで開催された主なエレクトロニクス貿易見本市に先立って起こったと言った。

LGは、2台の機械が破損されたが、それは偶然に行われたと言った、と受け入れた。

それは、モデルの要点が弱かったので損害が生じたと言った。

LGは、その幹部がそのライバルの品物を検査して、2台だけは検査の間に破損されたが、それが1店で4台の機械の代価を払うことを申し出た、と言った。

ドイツの警察は、含まれていた関係者を既に尋問した。

サムソンは声明で、
「高位の幹部が国の法的権限によって調査されることをサムソンが要求しなければならなかったことは非常に不運です。しかし、この事件の真相を究明しなければならないと私たちが結論を下したので、これは避けられませんでした。」と言った。
それは、ソウルで検察官に調査してくれるように依頼した。

サムソンの調査リクエストで指名された人々のうちの1人は、LGスポークスウーマンで、会社の家電部門のトップのジョウ・ソン-ジン(Jo Seong-jin)であるとロイターに伝えた。

LGは声明で、
「もし私たちの会社に、他社の製品のイメージを汚す、ある会社の製品を破壊する意図があれば、それは私たちの幹部を直接持たないことが常識になるでしょう、そのような法律を行ないます。」
「私たちは、これが私たちの評判を破損する試みではないことを望みます。」と言った。

2つの会社は、電話とテレビを含む多くの異なる市場で競争する猛烈なライバルである。

LGは、洗濯機の世界最大のメーカーで、サムソンが、2番目に大きいことを主張している。
BBCのソウルの特派員スティーヴン・エヴァンス(The BBC's Seoul correspondent, Stephen Evans)は、「過去に、LGとサムソンはスマートフォン、テレビ、冷蔵庫およびエアコン上に互いに直面しました。洗濯機は世界的な戦いで新しい正面です。」と言った。

他社の製品に近づかないのが常識で、それに、店などで近づいて検査までしたと言うことは、LGと言う会社のうさんくささが表面化したと言える。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。