on-the-time.jp

2014年09月13日

ドイツのベルリンで「地ビール革命」

美容と医学の科学ファッション

AFPは、ビール大国ドイツの首都ベルリン(Berlin)で、大手ブランドの画一的な味に対抗して、風味豊かな地ビールを生産する小さな醸造所が次々と誕生していると報告した。

若手のビール醸造家たちは、ビール造りの基本に立ち戻り、多様性に富んだドイツとベルリンのビール文化を復活させることを目指している。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

ベルリンには100年前、95の醸造所があった。
しかし、第二次世界大戦の戦火を逃れた19世紀のレンガ造りの建物は、カルチャーセンターやデザイン事務所、倉庫、高級アパートなどに改造され、界隈からはホップの香りが消え失せて久しかった。

ドイツ人の年間ビール消費量は、業界調べによると1人当たり約106リットル(ジョッキ186杯相当)で、チェコとオーストリアに次ぐ世界3位である。
だが、国内市場は大手メーカー製ビールが支配している。
ベルリンの主要ブランドは全て、国内40ブランドを抱える食品大手エトカー(Oetker)傘下のラーデベルガー・グループ(Radeberger Group)の工場で生産されている。

こうした中、ベルリンでは米国から火が付いた「クラフト・ビール」ブームに乗り、大手メーカーに対抗して「ミニ醸造所(Mikrobrauereien)」「近所の醸造所(Kiezbrauereien)」を立ち上げる「琥珀(こはく)色の革命」が広がっている。

「とても活気に満ち、急成長している市場だ」と話す44歳のマルク・ヒンツ(Mark Hinz)は今年、クラブが集中する市内フリードリヒスハイン(Friedrichshain)地区で、15ブランドが参加する「ベルリン・クラフトビール・フェスティバル(Berlin Craft Bier Fest)」を初開催した。

マルク・ヒンツによれば、ドイツの人々は「スーパーで売っているのとは一味違う、バラエティに富んだコクのあるビールを発見するのを楽しんでいる」と言っている。

「大手企業で働くのは嫌だし、ベルリンを離れたくもない」という38歳のウィルコ・ベライト(Wilko Bereit)は、2009年に事業パートナーと2人で地ビールブランド「ロールベルク・ビール(Rollberg Bier)」を立ち上げた。
「怠けているわけじゃない。やることは多い」と、強いベルリン訛りで話す。

ウィルコ・ベライトによれば、ロールベルク・ビールは昨年、18万リットルを売り上げた。
取引先はベルリン市内と近郊のバーやレストラン46店舗だという。
「本当に伝統的なドイツビールを造っているんだ」とウィルコ・ベライトは誇らしげに言った。

「ベルリンはかつて、とても素晴らしいビールの首都だった。そして、少しずつその輝きを取り戻しつつある」と、マルク・ヒンツはAFPに語っている。

「革命」の担い手たちの大半はベルリン工科大学(Technical University Berlin)でビール醸造技術を学んだ若手醸造家たちだが、海外からも新規参入がある。
「バガボンド・ブロイライ(Vagabund Brauerei)」を立ち上げた米国人3人組の1人、30代のマット・ウォルソール(Matt Walthall)は、ドイツに来たばかりの頃はスーパーマーケットで他国産のビールをほとんど見かけなかったと指摘した。ドイツ風味を追加した米国ビールを造っていると説明し、「ベルリンは非常に多文化的だ。僕たちのビールもね」と語ったと報告している。

そう言えば、マインツのスラー広場の角にあったビヤホールは、こだわっていた。
若者が集い。夜遅くまで騒いでいたが、オーナーは2人で、1一人づつ交代で旅に出ていた。

一人は、サハラを攻めていると言っていた。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告