on-the-time.jp

2014年09月05日

マレーシア航空フライトMH370の捜索は、新しい過程に入った。

戦争と平和美容と医学の科学観光政治経済

BBC Newsは、調査者が約60,000平方kmの洗練されたエリアの探索を強めるので、マレーシア航空フライトMH370(Malaysia Airlines flight MH370)の捜索は9月に新しい過程に入ったと報告した。

この洗練された捜索区域は、オーストラリアの都市パースの西海岸から1,800km(1,100マイル)に位置する。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

海洋底を調査するために専門家設備を使用して、飛行機の残骸を探索するチームは海底を写像している。

今まで、海洋底のこの部分についての知識は制限されていた。
しかし、写像は、ターゲットとされた探索が起こることを可能にすると考えられている。

6カ月で、クアラルンプール(Kuala Lumpur)から北京(Beijing)に向かう途中の239人を運んでいた飛行機の消失から、その運命はミステリーのままである。

航空機の痕跡は見つかっていない。
また、その消失の説明もない。

5月に、MH370の「ブラックボックス」フライトレコーダーからであると思われた音響信号がするという最初の見込みは、ジェットの最終休息所への捜査主任が打ち砕かれた。

オーストラリアの政府関係者は、4つの「ぴん」が4月に検知されたエリアで、その探索に水中用のロボットBluefin-21が何も見つけなかったと言った。

探索の新しい過程で、どれが収縮したかに、船は専門家に適合した。深い、測量システムを牽引する、見当たらない飛行機用のメーターによるメーターを導き、9月末日までにスタートすると予想され、12カ月以内かかるかもしれない。

なにしろ、地球は広い。

リモートセンシングの専門家は、このような捜査は、衛星がなければ不可能と言っていたが、衛星でも何も見つからなかった。

すべての知識人、専門家を翻弄させている。

では、今回の探索はどこでするのか。

飛行機が2014年03月08日に消えて以来、捜索は南シナ海でスタートして、範囲で何度も変わった。

その最大のことでは、それは768万平方km(296万sqマイル)合計224万平方海里をカバーした。

これは、インド洋の11%および地球の表面の1.5%に相当物でした。

しかし、2014年03月16日から、マレーシアの権威によってリリースされた可能な残骸およびトラッキング・データの衛星画像は、飛行機がインド洋、オーストラリアの南西で墜落したことを確認するように見えた。

パースに2,000km以上(1,240マイル)南西のエリアを探索した後に、飛行機を示したレーダー情報の詳しい分析に基づいて、1,000km(600マイル)の一層の北以上に切り替えられた捜索は、より速く行き、それにより、燃料をより速く使用した。

探索ゾーンは、850平方kmの海洋底(328 sqマイル)のエリアへ4月前半に再び狭くなった。
オーストラリアのチームによって検知された音響信号に接近して位置した。

しかしそのエリアの後に「ぴん」の考えで、見当たらないマレーシアの飛行機にリンクされた、検知され、除外された、努力、調査する探索データに向けられた、また海底を調査すること、専門家設備を使用した。

衛星データのこの詳しい分析は、新しい捜索区域が6月に発表した、パースからのエリアへ焦点を1,800km(1,100マイル)移して識別することに帰着した。

このエリアの海底は中国の海軍船竺可楨(竺可桢/Zhu Kezhen)によって写像されている。
それはオランダに所有されたFugro Equatorによって6月に連結された。

見当たらない飛行機の捜索にとって不可欠であると考えられて、その調査が海洋底の形に関する詳細情報を産出すると予想される。

写像過程なしでは、潜水艦を下ってメーターごとの探索を置く行為は安全ではない。同じようにそこでこれらの乗り物が失わせられる危険が高い。

US$5500万(£3400万)以上の概算原価で、使命が1年以内かかると予想されている。

当局は、核実験を拾い上げることを目指している水中聴音機(hydrophones)のそのシステムをチェックするために航空機がどこに衝突したかもしれないかに関する任意の手掛かりを、国連の包括的核実験禁止条約機構(UN's Comprehensive Nuclear Test Ban Treaty Organization)にさらに求めた。

では、どのキー設備が使用されたか。

オーストラリアの海軍の支援船オーシャン・シールド(Ocean Shield)と、イギリスのHMSエコー( HMS Echo)の2隻の船が、飛行機の「ブラックボックス」フライトレコーダーからの超音波の「ぴん」を検知することができる専門家の聞く設備を使用した。

オーシャン・シールドは牽引された「TPL(towed pinger locator/ピンガー・ロケータ)」を使用しました。
それは低速で船の後ろに水面下に引かれ、信号を拾い上げるために水中聴音機と呼ばれる非常に敏感な盗聴器を使用した。

一旦「ぴん」が検知されたなら、自律のミニ海中潜水艦のBluefin-21は海底の詳細なソナー地図を作成するために急送された。

さらに、それは、任意の可能な残骸の写真を撮るためにカメラ・ユニットを運ぶことができる。

2014年05月29日までに、それは850平方kmの海洋底(328 sqマイル)を磨いた、とオーストラリアの共同の機関調整センターが言った。

捜索区域の水の深さは2,000mと4,000m(6,560フィートから13,120フィート)の間にあると推測された。

初期の探索では、軍用機は、さらに任意の可能な浮かぶ残骸のためにそのエリアを磨いた。

探索に関与する航空機型式は米海軍P-8ポセイドン(US Navy P-8 Poseidon)およびオーストラリア、ニュージーランド、韓国および日本のP-3オリオン海事監視機を含んでいた。

2つの中国のイリューシンIl76sが、さらにパースの近くのRAAFピアス(RAAF Pearce)の空軍基地から作動した。
その一方でマレーシアは2機のC-130ハーキュリーズの航空機(P-3 Orion maritime surveillance planes)を送った。

オーストラリアの海軍の石油タンカーHMAS Successは、どんな可能な残骸も回復するために使用されるかもしれないクレーンを装備している。

中国はそれらの中で、中国の海軍船竺可楨は、飛行機が衝突したと思われるエリアで、多くの船を展開させた。

そのオペレーションは、中国の監視船「海巡 01(Haixun 01)」およびマレーシアの船Bunga Mas 6に支援されている。
それは毎週、一層のprocessingweのためにフリマントルへ輸送データを支援している。

「高度な水面下の探索能力」を持っていると評されたイギリスのHMS Tireless潜水艦は、さらにチームに参加した。

9月後半スタートして、Fugro EquatorとFugro Discoveryは、有望に航空機残骸を見つけて識別するために側方監視のソナー、多重ビーム音響測深器およびビデオカメラを使用する。

では、誰が探索に参加しているか。

オーストラリア、中国、日本、マレーシア、ニュージーランド、韓国、イギリスおよびアメリカの8カ国が支援している。

その調査はマレーシアの権威によってリードされている。
彼らはさらにFBI、国際警察(Interpol)および他の国際法実施官庁と連絡を取っている。

ATSB(The Australian Transport Safety Bureau/オーストラリア人輸送安全事務局)は、マレーシア航空フライトMH370を逃すための水面下の探索をリードしている。

日々の索敵行動は、パースに本拠があるオーストラリアの新しく作成されたJacc(Joint Agency Co-ordination Centre/ジョイント・エイジェンシー調整センター)から実行された。

飛行機が位置すると考えられるインド洋の一地区を探索するためにその船を使用して、深海探索を行なうために、オランダの会社Fugo Surveyは、オーストラリア政府によって収縮された。

中国とフランスの民間航空の安全性のための調査および分析オフィスの民間航空局と職員のメンバーも、調査に関係した。

フランスは、2009年に大西洋に衝突したエール・フランス・エアバスA330(Air France Airbus A330)からのフライトレコーダーの2年の捜索からの専門知識を貸している。

イギリスの会社Inmarsatは、英国航空事故調査分館(UK Air Accident Investigations Branch)に加えて、捜索を支援するために詳細な衛星データ分析を提供した。

これだけの巨大な組織が捜索して、見つからなかったら、世界中の国家機関の権威は崩壊する。

また、すでに飛行機に搭載しているフライトデコーダーの信頼は地に落ちた。

さらに、巨額をかけて開発されてきたリモートセンシング技術も、非現実的であったことが明らかになっている。

2014-09-04---マレーシア航空は、「バケツ・リスト」クイズ・タイトルをスクラップにした。
2014-08-28---マレーシア航空会社の赤字は、倍増。
2014-08-20---マレーシア航空フライトMH17で、DNA一致ロボットは、600遺体を識別。
2014-08-02---ウクライナの危機。新たな戦いはMH17衝突調査を妨げる。
2014-07-29---今の民間機が飛ぶ航路は、本当に安全か?
2014-07-27---ワールドカップはロシアで保持されるべきでない!?
2014-07-25---プーチンの娘と彼女のボーイフレンドは、オランダの自宅から逃げた。
2014-07-22---MH17墜落事故は、ロシアのプーチンを破損するか?
2014-07-22---米国とヨーロッパの航空会社はイスラエル・フライトを保留。
2014-07-19---マレーシア機撃墜機に乗っていたエイズ会議出席者は「6人」
2014-07-18---ウクライナで墜落したマレーシアの航空機MH17で知っていること。
2014-07-17---国際エイズ会議の出席者100人を含む298人、全員死亡。
2014-06-20---オーストラリアは、マレーシアMH370ジェット捜索は南へ移動すると言った。
2014-06-16---マレーシアのMH370が消えて100日。
2014-06-08---MH370クラウドで資金集め、内部告発に謝礼。
2014-06-05---Inmarsatは、飛行機Wi-Fiのために、EU全体で、ハイブリッド・ネットワークを計画。
2014-05-29---行方不明のMH370捜査は、「ぴんエリア」が除外。
2014-05-27---MH370捜査で,海底データは、火星より250倍悪く、お粗末と判明!
2014-04-25---マレーシア飛行機探査で、水面下の捜査海域を拡大。
2014-04-22---マレーシアMH370の探索は、サイクロンによって妨げられた!
2014-04-19---マレーシアの運輸大臣代行は、行方不明の飛行機で次の2日に「重大な転機」と言った。
2014-04-17---マレーシア航空のジェット探しは、US$10億の4分に1掛かるかもしれない。
2014-04-08---行方不明のマレーシア航空会社370便捜索で、必要な金額。
2014-04-16---マレーシアの飛行機を探索するBluefin 21は、2回目を開始。
2014-04-11---トニー・アボットは、信号に関して「確信している。」
2014-04-08---MH370の探索が、水面下に移行した。
2014-04-07---オーストラリア船も、「ブラックボックス」からと一致する信号を検知。
2014-04-04---土曜日午前に、中国船が2回目のパルス信号を検知。
2014-03-30---マレーシアのフライトMH370の中国人家族は、怒りをぶちまける。
2014-03-30---Flight 370の捜査で明らかになった国際協力とその弱点。
2014-03-28---フライトMH370の探索は700マイル北へ変更。
2014-03-27---不明機捜索で、占い師に続き、「数学の魔術師」集団が名乗りを上げた。
2014-03-26---新しい衛星画像を公開。
2014-03-26---日本の衛星も漂流物を撮影。
2014-03-25---マレーシア航空のCEOは、一段落したら辞任する。
2014-03-25---マレーシアの不明機からのブラックボックス回収は、前途多難!
2014-03-25---MH370の捜索はまだ、不合理に困難。
2014-03-24---行方不明のマレーシア航空の残骸回収現場に船が着いた。
2014-03-24---タイのThaichote衛星、南インド洋で300の残骸部分を発見。
2014-03-23---マレーシアflight MH370の第3番目の新しい画像。
2014-03-21---中国の砕氷船「雪竜」が、MH370残骸探索に加わった。
2014-03-20---オーストラリア飛行機捜索者は残骸を調査している。
2014-03-20---失踪マレーシア航空機の推定物体発見!偵察機急発進!AMSA写真公開!
2014-03-20---スパイ衛星が明らかにしたマレーシア航空のMH370?
2014-03-19---タイ空軍レーダー、消えた飛行機を「所属不明機」として捕捉。
2014-03-19---マレーシア、FBIは、パイロットのシミュレータからのデータを調査中。
2014-03-18---不明機の衛星捜索サイトに300万人が集結。
2014-03-18---フライトMH370の捜索の目盛り。
2014-03-18---消えたマレーシア航空機の新しい「残骸」画像を中国がチェック。
2014-03-17---オーストラリアは、消えた飛行機の南の探索をリード。
2014-03-16---マレーシアは、消えた飛行機で、世界の国々へ支援を要請。
2014-03-15---BBCは「別の捜索区域」を案内した。
2014-03-14---行方の判らない飛行機を米国が、インド洋で探索。
2014-03-13---見つからない飛行機に、マレーシアはシャーマンを雇った!?
2014-03-13---中国衛星が南シナ海で浮遊物3点発見!?
2014-03-13---ミステリー、不明機、交信途絶後も4時間飛行?
2014-03-12---長い間消えていた5機の飛行機。
2014-03-11---盗んだパスポートは、テロに無関係!?
2014-03-11---航空機に搭載されたブラックボックス・データは、海洋底で30日継続。
2014-03-09---中国の沿岸警備隊船が、マレーシア航空機が消えた領域に到着。
2014-03-09---Freescaleのスタッフ20人が、行方不明のMH370に乗っていた。
2014-03-08---マレーシア航空、北京行きの航空機が消息を絶った。
2014-03-08---大きな油膜を発見!搭乗中の2人が偽名を確認!マレーシアの飛行機は墜落したと推定。
2014-03-08---行方不明になったマレーシア航空の搭乗者リストをPDFで公開。
2012-07-06---エール・フランス墜落事故最終報告書。
2010-11-25---エア・フランスの大西洋墜落事故、フライトレコーダー検索を再開。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。