on-the-time.jp

2014年09月07日

夏季後---お試し限定80本無料プレゼント!

美容と医学の科学

NHKの番組「あさイチ」で2014年09月02日火曜日の番組冒頭に、「秋になってもご用心!汗荒れ」を放送し、夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。

周囲の方に聴いたところ、猛暑続きの8月から、9月に入り、気温も落ち着いてきましたが、ほとんどの人が、首筋、背中から肩にかけて、腕、お腹、腰回りなど、夏の間に肌荒れ、発疹で悩んでいました。

早速、夏の間の肌荒れ、発疹で悩んでいた周囲の人に、「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでしたので、「ガヤ-3(gaYa no3)(天然オイル100%)」---25mLを先着順で全員にお試し用として、本日から限定80本無料プレゼントすることにしました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

これは、汗によるかぶれ(湿疹/皮膚炎/Eczema)です。

汗によるかぶれは、かゆいです。
大人の女性だけではありません。
男性、子供も夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増しています。

多くの方は、汗疹(あせも/Sweat rash/miliaria)と勘違いされていました。
汗疹(あせも)は、それほどかゆくはありません。
汗荒れには、汗疹(あせも)用の粉類は、まったく効果がありません。

今年の夏、毎朝全身オイル・パックをし、1日に10回ほどシャワーを浴びていましたが、今では全身がつるんつるんで、プリンプリン、シワもありません。

多くの方に聴いたところ、夏に外で汗をかき、クーラーのある部屋で身体を冷やしていたと言うことでした。

それでは、外でかいた汗の塩分やアンモニアなどの分泌物の汚れは、肌の表面に残したままです。
その日の夜のお風呂まで、汚れを放置していた人が多いようでした。

そのような生活習慣は、肌荒れ、発疹の原因になります。

また、夏の朝に起きときは、汗の塩分やアンモニアなどの分泌物で、全身が汚れています。
全身オイル・パックをし、オイルを自然浸透させてから、シャワーを浴びてください。
シャワーだけでは、表面を保護している油も洗い流してしまい、かえってガサガサになったり、シワになることもあります。

銀座・三越4階ロングハウス(ジバンシィの隣)で、お申し込みください。
無料プレゼントには、数量に限りがありますので、お早めにお願いいたします。

汗疹(あせも)は慢性化しませんが、「汗荒れ」はどんどん悪化し、ただれて慢性化している方も---
さらにかゆいからと、かいたことで、その部分が固くなって、角質化することもあります。
夏季後の肌荒れ、発疹の「汗荒れ」は危険です。
汗荒れは、汗疹(あせも)ではありません。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。