on-the-time.jp

2014年09月05日

犬のレントゲン写真を撮ったら、お腹から43足のソックスを発見!

自然

BBC Newsは、患者の不快の原因を発見した時、病気の犬で働く米国の獣医は衝撃を得た。
なんと、43足半のソックスが見つた。

64kgのグレートデーンには、ソックスを噛むことへの類似性だが、ほかでそれらを呑み込んでいることを知って犬は、誰もなかったと動物病院からのスポークスウーマンは言ったと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

2月に、その犬で働いた獣医は、それらが動物から取り出した最多のソックスであると言った。

回復した犬は、奇妙な食習慣のために賞を受賞した。

オレゴン州ポートランドのDoveLewis緊急動物病院は、「X線は、犬の胃の中で大量の異物を明らかにし、それらを削除するために、犬が外科で取り出すように指示する。」と声明で言った。

「「資料」は結局、皆の非常に驚きで、43.5足のソックスだった!犬は翌日滑らかに回復し、家へ放出された。」

獣医用のマガジン獣医実行ニュース(magazine Veterinary Practice New)によって行われている空腹の犬について、「They Ate WHAT?(それらは何を食べた_」というタイトルをつけられたコンテストで3番目の場所をとった。

トップの賞は、彼のかごからの30を超える装飾的な岩を食べた蛙に与えられた。

不思議なコンテストがあるのに驚く!

家からどんどん消えていく靴下のミステリー、犯人はおまえだ!
中には、鼻が曲がりそうな臭い靴下もあったことだろう。

便秘の方、あなたは靴下を食べた記憶はないですか?

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告