gaYa広告

2014年09月05日

ルフトハンザのパイロットがストライキで、旅行大混乱!

観光

BBC Newsは、ルフトハンザは、パイロットのストライキが金曜日の終わりに200のフライトを取り消すことを意味し、約250,000人の乗客の旅行計画を打つだろう、と言ったと報告したた。

ドイツの航空会社は、早期退職制度に関して、Vereinigung Cockpit組合との論争に固定された。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ルフトハンザは、ヨーロッパで3番目に大きいランクフルト空港を発つ短距離輸送と、中間フライトが打たれるだろうと言った。

ルフトハンザの格安航空会社Germanwingsのパイロットは先週、早期退職上にストライキを行った。

金曜のストライキは、1500 GMTからの6時間の停止を含むことになる。

「ルフトハンザが、それらがスタッフと取り引きする対立の方法に終止符を打つまで、私たちは打ち続けるでしょう。」と労働組合役員イェルク・ハンドベルグ(Joerg Handwerg)がロイターに伝えた。

彼らは同じ問題に関して4月に3日間の全国的なストライキを行なったパイロットは、ルフトハンザが、パイロットが55歳で早期退職をとり、まだ、支払いの60%以内を受け取ることを可能にする、50歳のスキームを保持することを望んだ。

そのスキームを完全に廃止したかった航空会社は、そのパイロットの平均年齢を61歳まで辞職年齢を増加させたい。

ルフトハンザ最高経営責任者カルステン・シュポーア(Lufthansa chief executive Carsten Spohr)は、変更が航空会社のコストを抑えるのに必要であると言った。

金曜のストライキは4月の産業抗議行動ほど混乱を引き起こさないが、それは、いくつかのドイツの状態の夏期休暇期間の終了と一致した。

この前の金曜のGermanwingsストライキは、約15,000人の乗客の計画を打って、100を超えるフライトの取り消しを意味した。

ルフトハンザの労働者の多くは、フランクフルト、マインツ、ビースバーデンに住んでいる。
何人かと話したこともあるが、凄く優遇されている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告