on-the-time.jp

2014年09月05日

ハワイの溶岩は、大きな島の上のコミュニティーを脅す。

自然

ワシントンポスト(Washington Post)は、溶岩は、ハワイの大きな島の上のコミュニティーを脅かしているが、「それが燃えるまで、私たちはとどまっています。」と言い、「それは、ペレ(Pele)が行うこと、ペレがやっています。」「ハワイの火山女神ペレを止めることができません。」と、グレイウォールド・クレア(Graywols Claire)が言ったと報告した。

クレアは、Kaohe Homesteadsの居住者で、溶岩が人々の方に向かって焼くとともに、何日も生活した農村の端で、1日当たり800フィートを燃やしている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

ハワイの新聞ホノルル・スター・アドバタイザー(Honolulu Star Advertiser)によれば、ハワイの大きな島の分離された部分の緊急にもかかわらず、クレアは、去る意図はないと地域集会で言った。

「それが燃えてまで、私たちはとどまっています」と彼が言った。

キラウエア火山の溶岩流(The Kilauea volcano’s lava flow)は今家から1マイル以内にある。
何日も、それは、グラウンドの割れ目からの密林を通るその鋳造の道を切り開いた。

溶岩がKaohe Homesteadsに着く前の、5日ほどでありえるか、あるいはより長くかかるかもしれない。

溶岩がいつ到着するかの判断が正確には判らない。
それはクレアのような居住者に残すように説得することを困難にした。

一度、脅威は切迫しています?
ハワイ・カウンティー民間防衛体制管理者ダリル・オリベイラ(Hawaii County Civil Defense Administrator Darryl Oliveira)は、5日間の内にで家に来ると脅かすことで、審判が撤退を注文するだろうと言った。

AP通信社によれば、「私たちが5日間の時期を見て、私たちが、人々に避難するように命じても、何でもが起こる前の週でありえたので、それは非常に苛立たしい。」とダリル・オリベイラが言った。

田園地帯で約20〜30軒の家があると考えられている。
また、ダリル・オリベイラは、コミュニティーの内部から溶岩を見ることができないが大気から感じられることを強調した。

彼は、溶岩を一瞥しようとする人々がそのエリア一帯のヘリコプター・ツアーをしていると述べた。

ハワイの火山観測所の科学者は、噴出し始めた日を2014年06月27日として、それがフローした。

木曜日に、警戒レベルは、「warning」から「watch,」に上げられた。
ビリー・ケノイKenoi市長(Mayor Billy Kenoi)は緊急事態を宣言している。
撤退が必要になる場合、Kaohe Homesteadsの居住者が安全に去ることができるように、それは、当局が車道へのアクセスを制限することを可能にする。

キラウエア火山は1983年以来噴出している。
また、それは時々不規則な隣人であった。

2011年には、溶岩の脅威が撤退を強要し、コミュニティーの残りを節約して、フローが不意に軌道修正前に1つのホームが破壊された、とダリル・オリベイラはAPに伝えた。

Kaohe HomesteadsのGoogle Earthポインター情報
19°28'31.6"N 154°57'32.4"W
または、
19.475447, -154.958989

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告