gaYa広告

2014年07月30日

日本の女性革命「ポートフォリオ戦略ウーマノミクス4.0」

未来性とメディア

ゴールドマン・サックスのGIR(Global Investment Research/国際投資リサーチ)のためのチーフ・ジャパン・エクイティストラテジストであるキャシー松井(Kathy Matsui, chief Japan equity strategist)は、GIRの最近の報告書でウーマノミクス4.0:日本がその雇用ジェンダー・ギャップを閉じて、かつ経済成長を促進するのに必要なステップを含めて有言実行する時間(Womenomics 4.0: Time to Walk the Talk, including the steps necessary for Japan to close its employment gender gap and encourage economic growth)であると言い、その重要な発見物のうちのいくつかを共有していると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

30%縮小する日本の人口セットで、2060年までに40%に達すると予想される初老の比率、日本は女性の雇用を押し上げることにより、獲得することがたくさんある。

ジェンダー雇用ギャップを縮めることによって、日本のGDPへの潜在的な押し上げがほぼ13%かもしれないと推測している。

進歩は近年いくらか得られているが、改良の多くで余地がまだある。

日本の婦人労働参加は他の国々と比較して、まだ低いままである。
主導的地位を占めて、性別による賃金格差が固執する税ひずみが、既婚の女性をてい¥作業場所に完全に参加するのを止めさせる、また、ジェンダー関連の企業開示が不適当なままで、女性はほとんどいないままである。

3面からの推薦。

(1) 政府は規制緩和するべきである。デイケア/介護セクターは移民法を改正し、税と社会保障のコードを中和し、ジェンダー関連の企業開示を命じて、パート・タイム・常勤の仕事を等しくし、政府の中の女性の表現を押し上げる。

(2) 民間部門は、多様性用のアタッシュケースを強調し、より柔軟な作業環境を作成し、目的評価計画を採用し、多様性目標を設定し、より柔軟な雇用契約を導入し、多様性の男性のチャンピオンを取るべきである。

(3) 一般社会は、さらにウーマノミクスに関する様々な神話を払拭し、かつ家で、より大きなジェンダー平等を促進するために働く必要がある。

この報告書はWomenomics 4.0の修正版で、2014年5月6日にもとは公表された。

大賛成である。

インターネットが話題になり始めたとき、その環境は男性より、女性の粘りの世界であると指摘した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。